ボーナスで借金を返済するのは危ないかも。繰り上げ返済に使った方がいい

 

こんにちは。たかです。

住宅ローンを組む時って、毎月の支払額が気になりますよね。

『出来れば、少なくしたい・・・』って、思うのが普通だと思います。

『賃貸に住んでいた時と、同じ額の支払いなら、返済できるじゃないか?』って考えがちです。

たしかに、そうなんですが、月の返済額が少ないと、返済期間が長くなりますし、借入金が少なくなってしまいます。

そこで、考えるのが、『ボーナス月の返済』です。

でも、これって、危ないんですよね。

業績不振になったら・・・

会社の業績が不振になったとき、いちばん、カットしやすいのは『ボーナス』です。

僕も、サラリーマン時代に、何度か経験しました。

えっ?

これだけ?

なんて、思う時がありましたからね・・・

ですが、逆に業績がいい時は、増額にはならないんですよね・・・

会社って、よく考えています。

ですので、ボーナスを当てにするのは、危険だと僕は思っています。

3000万円の借り入れなら

もし、3000万円を金利1.5%、35年返済で借りる場合を考えてみたいと思います。

すると、こんな感じになるんじゃないでしょうか?

〇ボーナス返済無し

毎月返済額:9万1855円

年間返済額:110万2260円

総返済額:3857万9007円

〇借入金の2割をボーナスで返済

毎月返済額:7万3484円

ボーナス時返済額:11万487円/回

年間返済額:110万2782円

総返済額:3859万7286円

月の返済額が、7万円代なら、賃貸の時とあまり変わらないかもしれませんよね。

しかも、『ボーナス払いも、年に22万円くらいなら、大丈夫だろう!』って思ってしまいます。

ですが、ボーナスの支払いって、住宅ローンだけじゃないはずです。

教育費だったり、車のローンだったり、いろんなことに使っていませんか?

もし、『ボーナス減額!』なんてことになったら、大変になりますよ。

ボーナスは繰り上げ返済

最初から、『ボーナスは、あったらラッキー!』くらいにしておいた方がいいと思います。

そして、ボーナスで貯めたお金は、繰り上げ返済に使えばいいんです。

ガンガン繰り上げ返済すれば、元本も減っていき、利息を払わなくて済むわけです。

もし仮に、大金が必要な出来事が起こっても、対応することが出来ます。

常にボーナスは、予備費として扱う。

決して、住宅ローンや生活費の不足分に、使ってはいけないと思います。

最後に

なんで、僕がこんな事を書くのかと言えば、ボーナスが減って、困ったことが何度かあるんです。

しかも、次回のボーナスも、どうなるか分かりませんよね。

もしかしたら、ずっと、減額になったままかもしれません。

ローンを組んだ時が、たまたま、ボーナスが多い時だったかもしれないわけです。

『そんなことないよ~!』って言われている方は、気を付けてくださいね。

住宅ローンの返済期間は、35年間です。

その35年間、ボーナスが上がり続けるなど、考えられませんからね。

ガクッと下がって、そのまま・・・なんてことも考えられます。

いつ、何が起こっても良いように、ボーナスは予備費として、考えておいた方がいいと思いますよ。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。