会社を辞めるならば計画性と勇気が必要

 

こんにちは。たかです。

最近になって、こんなメールが増えてきました。

『早期退職を促されました。会社をやめたほうがいいでしょうか?』って。

早期退職者を募集する会社が、増えたからなんですかね・・・

たしかに、『会社を辞めたほうがいいかどうか?』って悩みますよね。

いちばんは、お金の問題でしょう。

普通に考えれば、仕事を辞めれば、収入は無くなります。

収入が無くなれば、生活が苦しくなり、そのうち、どうしようもなくなる。

そう考えてしまいますし、そうなる可能性も高いでしょう。

では、どうしたらいいのか?

お金の使用計画を立てる

僕はこのブログの中で、『ライフプランシート』について、何度も書いています。

僕が言っている『ライフプランシート』とは、お金の使用計画のことなんです。

詳しくは、こちらをご覧いただけたらと思います。

要するに、今後、自分の人生の中で、『何にいくらお金を使うのか?』を予想してみるという事です。

アーリーリタイアを目指している方は、こんなこと当たり前かもしれません。

ですが、そうでもない人も多いんです。

まずは、ライフプランシートを作って、計画を立ててみることですね。

そうすれば、死ぬまでに、お金が足りるのか?足りないのか?がハッキリとしてきます。

足りなければ、対策を考えて、実行すればいいわけです。

考えすぎも良くない

世の中には、極端に用心深い人もいますね。

今日、こんな記事を見ました。

33歳のご夫婦なんですが、貯金を6000万円もっていらっしゃいます。

このご夫婦の不安は、何だと思いますか?

子供の教育費が足りるかどうか?らしいです。

普通、6000万円あれば、余裕で足りますよね。

しかも、まだ、33歳で共働きで仕事もされているわけです。

さらにいえば、まだ、子供さんはいなくて、これから作ろうとしているんです。

ちょっと、先のことを心配しすぎのような気もしませんか?

こんな方も、ライフプランシートを作ってみれば、不安は解消されると思います。

勇気も必要

僕自身、ライフプランシートを何度も、何度も作り変えました。

あーでない、こーでもない、と考えながら・・・

そして、出た答えは、こうです。

ギリギリの生活をすれば、貯金で70歳までは生きることが出来る。

その後は、貯金は無いが、年金だけで生活できれば、死ぬまで大丈夫。

ほとんどの方は、『え~、そんな計画でアーリーリタイアして大丈夫?』って思われるでしょうね。

ですが、完璧な計画を立てようとしていたら、僕の場合、定年を迎えてしまいます。

あと10年働けば、今よりは余裕のある生活出来ますよ。

でも、それでは、意味がありません。

僕は、安定よりも、不安定でもいいので、自由な時間がほしかったんです。

ある程度、『これでいける!』と自分が思ったときが、会社を辞めるタイミングじゃないでしょうかね。

そこで必要になるのが、一歩踏み出す勇気だと思います。

40代で早期退職してセミリタイアとお金について考えた

最後に

会社を辞めるかどうか?

いろいろ書いてきましたが、いちばん大事にしないといけないことは、これだと思います。

『自分は、会社を辞めたいのか?辞めたくないのか?』です。

まず、辞めたくないと思っているのならば、辞めない方がいいです。

きっと、後悔します。

辞めたいと思えば、辞めることが出来るかどうかを考えることですね。

その為の資料が、『ライフプランシート』なわけです。

十分なお金があるのであれば、辞めればいい。

お金が無いのなら、辞めないか、あるいは、別の収入を得る方法を見つけるしかありません。

そして、最後に勇気を出すという事です。

いかがでしょうか?

僕が辞表を出す前に考えたことです。

会社を辞めたことを後悔するか?

会社を辞めなかったことを後悔するか?

この2つを天秤にかけて、考えました。

その結果、僕は、『会社を辞めなかった事を後悔するだろう』って思ったんです。

なので、僕は、会社を辞めることを選択しました。

何か、ご参考になれば、うれしいです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。