冬のボーナスはどうなる?ボーナス払いは出来るだけやらない方が良い。

 

こんにちは。たかです。

今年の冬のボーナスは、どうなるんでしょうかね。

多くの企業では、ボーナスカットになるんじゃないでしょうか。

まあ、カットならいいですが、『ゼロ!』になる会社もあるかもですね・・・

さて、今日、こんな記事を見ました。

『46歳貯金300万円。ボーナス減少で児童手当も貯められず』です。

旦那さんのボーナスがカットされ、支払いが出来なくなったみたいです。

ん・・・今年は、こういったご家庭が多いかもです。

では、どうしたらいいんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん47歳、奥さま46歳、小学生2人と幼稚園のお子さんがいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さんが30万円、奥さまが5万円です。

合わせれば、月に35万円の収入があります。

夏のボーナスは、10万円だったそうですが、冬はゼロなんだそうです。

困りましたね・・・

貯金は、投資も合わせれば、310万円お持ちのようです。

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・住宅ローン:7万円

・車両費:5000円

・食費:6万円

・光熱費:2万5000円

・通信費:2万円

・趣味娯楽:1万円

・教育費:6万円

・こづかい:4万円

・雑費:4万円

・保険料:3万4000円

合計すると、36万4000円になります。

月の収入は35万円ですから、35万円ー36万4000円=1万4000円の赤字です。

年間では、1万4000円×12か月=約17万円の赤字になります。

さらに、ボーナスから車の税金や車検代などを払っていたようです。

その額、約21万なんだそうです。

ってことは、このご家庭の年間の赤字額は、17万円+21万円=38万円ってことになります。

ん・・・みなさんなら、どうしますか?

生活費の見直し

この先、ボーナスが復活しなかったら、ずっと赤字家計になってしまいます。

なので、生活費の見直しをするしかないですよね・・・

年間38万円を節約すればいいわけです。

月平均にすれば、38万円÷12か月=約3万円くらいです。

まず、保険料の見直しをしたいところですが、この保険は、学資保険のようですので、このままにするしかありません。

あとは、雑費でしょうか?

月に4万円も、何に使っているんでしょうかね?

洗い出してみる必要性があると思います。

そして、こづかいも減らすしかないですかね・・・

最後に

まだ、このご家庭はボーナス払いが少ないので、なんとかなりそうです。

でも、これがもっと多い金額だったら、どうしようもありません。

なので、できるだけ、ボーナスからの支払いはやめておいた方が良いですね。

ボーナスって、急に出なくなる時がありますから・・・

僕も、サラリーマン時代に、ボーナスが出なくなった時がありました。

会社の経営が悪くなると、まず、ボーナスがカットされますからね。

みなさんも、ご注意ください。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。