損切りしなくていい方法を考えてみた・・・

 

こんにちは。たかです。

株のスイングトレードを始めてから、約4か月くらいになりました。

ちなみに、今月の利益は、約5万円程度です。

まあまあ、良い感じだと思うんですがね。

しかし・・・

損切り額が、約7万円・・・

もしも、損切りしなくて済んだら、約12万円の利益が出ていたわけです。

ん~、なんとか、損切りしなくてもいい方法はないものか?

そんなことを考えながら、この土日を過ごしていました。

そして、ある方法を考えました。

今日は、『損切り回避法』について書いてみたいと思います。

両建てをする

結論から言いますと、『まず、両建てをして、状況を確認する!』ってことです。

両建てとは、『買い』と『売り』の両方のポジションを持つってことです。

両建てをすると、その後、株価が上がろうが下がろうが、まったく損益には影響が出ません。

まあ、当たり前の話しですよね。

『買い』で損をしても、『売り』で利益を出せるわけですから、プラスマイナスゼロになるわけです。

なので、大きな損が出た時は、一旦両建てをして、その後の株価の行方を見ます。

まずは、こちらのチャートをご覧ください。

この矢印のところで、買いでエントリーしたとします。

買値は、2580円です。

しかし、その後、株価は下落し、2日後には、2370円まで下がってしまいます。

なので、含み損は、210円です。

ここで損切りしたら、100株買っていたら、21000円の含み損になるわけです。

僕のような貧乏人には、かなりのダメージです。

今までは、ここで、仕方なく損切りをしていました。

ですが、もし、両建てをしたらどうなるでしょうか?

チャートでお示しすると、こうなります。

この矢印のところで、『売り』でエントリーするわけです。

売値は、2370円ですから、含み損は21000円で固定されることになります。

今後、どんなに株価が下がっても、含み損が増えることはありません。

ちょっと、精神的には、落ち着きませんか?

上昇してきたら

さて、この銘柄は、その後どうなったか?

翌日は、こんな感じになりました。

なんと、翌日は、陽線で大きく株価が上昇しました。

では、今後、どうなると思いますか?

下落するより、上昇する可能性の方が、高いと思いませんか?

ならば、ここで、なにをするか?

まず、『売り』を手仕舞いします。

この日の株価は、2490円ですから、2370円ー2490円=120円の赤字となります。

100株『売り』で持っていたら、12000円の赤字ってことです。

損切りしていたら、21000円の赤字ですから、損切りよりは、マシですよね。

では、その後、どうなったか?

こんな感じになりました。

なんと、2600円まで、株価は上昇したんです。

買値は2580円ですから、2600円ー2580円=20円のプラスです。

100株持っていたら、2000円のプラスになります。

先ほど、12000円のマイナスを出しましたので、差し引き、10000円の損で済んだわけです。

結果をまとめると・・・

損切りした場合:21000円のマイナス

両建てした場合:10000円のマイナス

このように、株価が戻って来る場合は、損失を抑えることが出来るかもしれませんね。

最後に

こんなことを、土日に考えていました。

でも・・・

これって、株価が、どんどん下がって行ったら、どうしようもないんですよね・・・

まあ、その時は、損切りすればいいんですが。

両建てしていれば、含み損は変わりませんからね。

今後は、この方法を使って、少しでもいいので、損切り額を減らしていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。