私立の中学・高校は計画を立ててから。子供に迷惑をかけるだけ・・・

 

こんにちは。たかです。

我が家の娘は、本人の希望により、私立の中学・高校に進学しました。

なので、とんでもない学費を払いました・・・

その結果、どうなったか?

高校卒業後は、専門学校に進学しました・・・

結果的には、私立の中学・高校に進学する必要はなかったわけです。

こんなこともありますので、無理して私立の中学・高校に行く必要はありませんよ。

今日、こんな記事を見ました。

『37歳貯金140万円。子ども2人を中学から私立に入れたい』です。

奥さまは、お子さん2人を私立に進学させたいようです。

ですが、現在でも貯金が出来ていない・・・

学費を払い、老後資金を貯めることが出来るか、不安を感じているようです。

さて、どんなご家庭なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん37歳、奥さま30代、7歳と3歳のお子さんがいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さんが30万円で、奥さまは専業主婦をされています。

ボーナスは、年間で140万円あるんだそうです。

年収にすれば、約600万円強ってところでしょうか。

ちなみに、貯金は140万円お持ちのようです。

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・住宅ローン:4万7000円

・管理費:1万5000円

・車両費:1万2000円

・食費:7万円

・光熱費:2万3000円

・通信費:1万7000円

・趣味娯楽:3万円

・教育費:3万5000円

・こづかい:3万円

・雑費:7万円

・保険料:2万3500円

合計すると、約37万円くらいになります。

月の収入は30万円ですから、37万円ー30万円=7万円の赤字です。

年間では、7万円×12か月=84万円の赤字になります。

この足りない分は、ボーナスから補填しているようです。

なので、ボーナスからは、まったく貯金出来ていません・・・

この状況で、私立の学校に通わせることって出来るんでしょうか?

私立中学・高校の学費

文部科学省の『子供の学費調査』によれば、こんな感じです。

◉私立中学3年間の学費:約400万円

◉私立高校3年間の学費:約300万円です。

これを月平均にしてみると、700万円÷6年÷12か月=約10万円になります。

子供ひとりあたり、月に10万円の学費が必要になるわけです。

我が家の娘も、このくらいの学費はかかっていました・・・

妻がフルに働いてくれたので、なんとか払えたんですがね・・・

僕だけのお給料だったら、100%無理でしたね。

私立に通えるか?

このご家庭の現在の教育費は3万5000円です。

もし、ひとり目のお子さんが私立に進学すれば、あと6万5000円必要になります。

さらに、ふたり目のお子さんが進学したら、あと10万円必要になるわけです。

合わせれば、6万5000円+10万円=16万5000円になります。

ってことは、あと16万5000円を捻出しないといけません・・・

どうやって捻出しますか?

ちょっと、きびしいですよね。

出来ることは、生活費の見直しと、奥さまが働きに出ることでしょうか?

しかも、奥さまが、かなり稼がないと厳しいかもですね・・・

最後に

年収600万円の家庭で、子供2人を私立の学校に進学させるのは、ちょっと無謀だと思います。

年収1000万円でも、きびしいと思いますがね・・・

さらに、県外の大学なんかに進学したら、とんでもない事になります。

老後資金なんか、1円も貯められないかもですね。

そこまで無理して教育費を払っても、子供の未来が、すばらしいものになるとは限りません。

僕の個人的な考えでは、学校はあまり関係ないと思います。

大事なことは、『子供のやりたいことをさせること』じゃないでしょうかね。

もし、子供が私立の学校に進学したいと言った時に、親として出来る範囲の事をやればいいと思います。

あまり、無理をしたら、後々、子供たちに迷惑をかけることになりますからね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。