不登校10歳ユーチューバー、こんな子供は昔っからいたけど、居場所が無かった

 

こんにちは。たかです。

最近、10歳の不登校のユーチューバーが話題になっているみたいですね。

すごい時代になりましたね・・・

感心している場合ではありませんね。

さて、僕は、この不登校ユーチューバーの話しを読んでいて、ふと感じたことがあります。

それは、『僕らの時代と、あまり変わらない』ってことです。

なぜ、学校に行かないのか?

この不登校ユーチューバーは、「少年革命家ゆたぼん」を名乗っている10歳の少年のようです。

どうも、小学2年生くらいまでは、学校に行っていたようなんですが、3年生くらいから、不登校になっています。

その理由は、『宿題を強制する学校に疑問をもったから』のようです。

まあ、僕も同じような事、思いましたね。

『なんで、宿題しないといけないの?』

『さんざん、学校で勉強したのに・・・』って。

そこで、担任の先生がちゃんと説明できれば良かったんですが、それが、出来なかったんでしょうね。

結局、無理やり、居残りして宿題をやるよう命じたみたいです。

さらに、ちょっと、暴力もあったようです。

これじゃあ、子供も納得しませんよね。

これで、不登校になって、ユーチューバーになったみたいです。

僕の時代との違い

『なぜ、宿題をしないといけないのか?』までは、僕の時代と同じです。

ですが、僕の時代は、学校に行かないなんて、許されませんでした。

泣きながらでも、行かされてましたからね。

でも、こういった子供は、その後、どうなったか?

まず、学校に行くのが面白くありません。

なので、勉強する気もありません。

次第に、勉強について行けなくなります。

そうなると、学校には行くんですが、授業の邪魔しかしません。

だんだん、先生からも問題児扱いされ、道がそれていきます。

そして、中学生になった時は、『不良』とか『ヤンキー』と呼ばれるようになっていきます。

これは、半分、僕の少年時代の事です。

結局、僕なんかは、自分のやりたい事が見つけられず、とりあえず、学校に行っていただけです。

なので、学校に行ったからって、ちゃんとした少年時代を過ごすとは、限らないんですね。

でも、この「少年革命家ゆたぼん」くんは、ユーチューバーという、自分の道を見つけています。

これは、僕の時代とは、まったく違うと感じています。

学校に行かなくていいのか?

これは、僕個人の意見です。

まず、担任の先生との関係を改善しないといけません。

学校に行くとか、行かないとかより、大事な事です。

「少年革命家ゆたぼん」くんは、不信感を持ったままでしょう。

関係が良くなってくれば、「少年革命家ゆたぼん」くん本人が、学校に行った方がいいかどうか、判断するんじゃないかと思います。

それでも、本人が行きたくないと思えば、僕は、行かない方がいいと思います。

学校に行ったって、おもしろくないので、邪魔するだけです。

最後に

勉強は、やりたい時にやればいい。

学校の勉強なんて、大人になって、なんの役にも立ちません。

一方で、学校の閉鎖的な人間関係が、協調性をやしなう事に大切なのかもしれません。

ですが、それ以外でも、やり方はあるでしょう。

もし、自分の子供が、不登校になったら・・・

子供の意見を出来る限り、尊重してあげたいですね。

『生き方は、いくらでもある』って。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。