もし、100歳まで生きたら65歳時点で1億円必要らしい。

 

こんにちは。たかです。

こんな記事を見ました。

『100歳まで生きるといくら? 65歳退職後、夫婦で1億円… 介護など不確定要素も』です。

どんな内容か?

老後の生活費は、最低でも、月に22万円かかるそうです。

年間にすると、264万円かかることになります。

これを、100歳までの35年間、使い続けると9240万円かかるといった計算のようです。

その他に、お墓とか葬式の費用などで、350万円が必要になると、記事を書いた人は言っています。

なんか、違うような気がしますね・・・

公的年金はいくらもらえるのか?

この記事の中にも、公的年金の事が触れられています。

勤続40年の会社員と専業主婦の場合、月に22万円の公的年金が貰えるんだそうです。

これだけもらえれば、公的年金だけで、生活出来そうな気もするんですが・・・

計算が合わない・・・

仮に、65歳から公的年金をもらったとします。

月に22万円を35年間もらいますので、これだけで、9240万円いただけるわけです。

となると、60歳から65歳までの5年間だけ、収入がないことになります。

この5年間に使うお金は、22万円×12か月×5年=1320万円になります。

まったく、この記事と、必要額が合わないんですね・・・

この記事は、公的年金を計算に入れていないみたいです。

もし、公的年金が70歳から支給になったらどうでしょうか?

60歳から70歳までの10年間が、無収入期間になります。

22万円×12か月×10年間=2640万円が、この10年間に必要になります。

最低でも、3000万円は必要なんでしょうか?

この3000万円って、よく耳にする数字ですよね。

50歳で無職の僕はどうなのか?

なんと、僕の場合は、50歳で無職ですので、無収入期間が20年になります。

仮に、公的年金が70歳から支給と考えてみます。

22万円×12か月×20年間=5280万円

5000万円以上が、僕には、必要になるんですね・・・

ん~、足りないかな・・・やっぱり。

以前、計算した時は、『足りるかな?』って思ったんですがね。

そんなに、お金を持っていませんでした。

更に、僕は、厚生年金をかけている期間が、短くなりますので、22万円ももらえないと思います。

そう考えると、さらに、厳しくなりますね・・・

どうするか?

無職になってから、資産運用などは、危険かな?って思っています。

お金を増やせないんであれば、出る分を減らすしかありませんね。

月の生活費を、22万円より、少なくするしかありません。

できれば、15万円くらいに出来ればいいですが・・・

これから、検討しないといけません。

最後に

やっぱり、僕の早期退職は、無謀かもしれませんね・・・

まあ、生活費を抑えて、アルバイトで数万円でも稼ぐことが出来れば、何とかなるでしょう。

イヤな仕事を続けて、暗い毎日を送るより、お金はないけど、心おだやかな日々を過ごす方を、選びたいと思います。

ん~、やっぱり、この先どうなるか?ちょっぴり、不安でもあり、スリリングでもあります。

これからの生活費なんかは、このブログの中で、ご紹介していきます。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。