今年は1万人がリストラされるようになった。さらに加速するのかな?

 

こんにちは。たかです。

僕は2019年3月末で会社を早期退職しました。

会社が『早期退職優遇制度』を出しましたので、それに乗っかったんです。

まあ、早期退職制度に応募しなくても、『肩たたき』に遭っていたと思うんですが。

どちらにしても、僕は会社を辞める運命だったんだと思います。

最近では、損保ジャパン日本興亜が、従業員の15%に相当する4000人規模の人員削減を行なうと発表しました。

2019年になってから、既に16社が早期退職を募集しているそうで、約1万人の社員が、クビきりされるみたいです。

すごい時代になりましたね・・・

僕なんか、定年前に会社辞めるなんて、入社した時には想像もしていませんでしたが。

ですが、最近のクビきりは、昔のそれとは異なってきているようです。

先行実施型のリストラ

昔々のリストラは、経営不振になって、どうしようもなく社員をクビにしていました。

ですが、今はそういったリストラばかりではありません。

業績好調な企業が、事業転換を図るために、余裕のあるうちに人員適正化を進めることが増えています。

僕が勤めていた会社もそうです。

要するに、会社には社員がダブついているんです。

それを、『経営状況が良いうちに、取り除いてしまおう!』っていうのが、企業の考えです。

経営状況が良ければ、退職金の上乗せも出来ますし、辞めさせやすくなります。

ですので、『たかさん、もうあなた必要ないから!』って言われたら、可能であれば、会社をやめたほうが賢明だと思うんです。

僕は、社内でダブついた人員だったわけですからね。

『いや!オレは違う』って言い張っても、無駄な抵抗です。

日本は人手不足なのでは?

安倍さんは、『有効求人倍率が、高くなった!雇用が増えたんだ!』って言ってますが、半分間違っています。

たしかに、有効求人倍率は上がったんでしょうが、それは、『介護』、『飲食』、『運送』などに限ったことです。

みんなが働きたいと思っている分野は、人手不足ではない訳なんです。

企業がリストラをする一方で、人手不足の職場があるわけです。

矛盾していますが、現実です。

これを、うまく融合しようとしたのが、『損保ジャパン日本興亜』です。

社内のダブついた人員を、早期退職の募集をかけずに、介護職へ移動させようとしているんですね。

どんどんリストラ

ここからは、僕の予想です。

働き方改革が始まってから、仕事の内容が変わった会社も多いと思います。

要は、『無駄な仕事は無くす』です。

思い切って、仕事を減らす方向に舵を切った会社もあると思います。

すべての会社が、そうだとは思いません。

その結果、『なんだ、この仕事なくても大丈夫だな!』ってなれば、その仕事に従事していた社員はいらなくなります。

今までは、無駄な仕事をつくって、それに従事する社員を雇っていたわけです。

今後、会社は、そんな無駄な仕事をやめていくでしょう。

そうなれば、社員のクビきりをする。

あるいは、AIが導入され、仕事が無くなる人も出てくるでしょう。

営業の現場でも、AIを導入して、効率よくお客さんを訪問できれば、営業マンの数は少なくて済むわけです。

実際に導入している会社って、あるんですよね。

効率が上がれば、社員は少なくて済む。

そうすれば、会社は人件費を抑えることが出来、利益が上がるわけです。

『今後、僕のようなダブついた社員は、人手不足の職場で働くしかないのかな?』なんて思う時もあります。

ちょっと、極端なことを書きました。

今、30代・40代の方は、『いつリストラされてもおかしくない』と思って、働いていた方がいいんじゃないでしょうかね。

大きなお節介でした・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。