毎月3万円を投資すれば、30年後には2000万円貯めることが出来るらしい

 

こんにちは。たかです。

相変わらず、『老後2000万円不足問題』で大騒ぎしてますね。

もう、安倍さんも『ホントに、足りないんです!ごめんね』って言ってしまえばいいと思うんですがね・・・

だって、事実なんだから、仕方ありません。

『不正確でした・・・』なんて、訳の分からない答弁は、しない方がいいと思うんですが、みなさんはいかがお考えでしょうか?

さて、今日、こんな記事を見つけました。

『65歳までに2,000万円を貯めるにはどうしたらいいか?』です。

僕の場合は、まず、『働け!』って言われそうですが・・・

毎月5万円貯金していく

ん~、みなさん、毎月5万円の貯金っていかがですか?

僕が、家のローンを払っていた時は、絶対に無理でしたね。

だって、毎月のローンを払ったら、のこり10万円残っていなかったと思います。

その中から、5万円も貯金したら、家族全員、飢え死にしてしまいますからね。

まあ、仮に、毎月5万円を貯金したとします。

さて、2000万円貯まるには、何年かかるでしょうか?

実は、34年もかかるみたいですよ~。

ですので、31歳から毎月5万円の貯金を始めれば、65歳の時には、めでたく2000万円が貯まっています。

なんか、これだけ見ていると、2000万円ってホントに、無理そうな金額ですよね。

ですが、運用される方もいらっしゃるかもしれません。

では、何%で運用すればいいんでしょうか?

40歳の方なら3%で運用

この記事の中で、年間利回りと2000万円到達するまでの年数が記載されています。

先ほどの様に、毎月5万円を年間利回り0%(運用しない)場合、2000万円に到達するのは、34年と書かれています。

仮に年間利回りが1%であれば、29年。

2%であれば、26年。

3%であれば、25年かかるみたいです。

ってことは、40歳から毎月5万円運用して、2000万円貯めようとすれば、年間利回り3%で運用しないといけませんね。

そしたら、ちょうど65歳の時に、2000万円貯まっているはずです。

ただし、この年間利回りは、税引き後の%ですので、ご注意ください。

『え~、毎月5万円なんか、無理やろ!3万円なら、何とかなるかもしれん!』って方も、いらっしゃるかもしれません。

では、毎月3万円だったら、どのくらいで運用したらいいんでしょうか?

毎月3万円を30年間運用するなら

毎月3万円運用して、2000万円を貯めようと思ったら、どうしたらいいのか?

この記事の中には、こう書かれています。

『年間利回り4%で、30年間運用すれば、2000万円を貯めることが出来る!』って。

いかがですか?

なんか、光が見えてきたような、見えないような複雑な感じです。

毎月3万円を30年間も貯めるのか・・・

しかも利回り4%で・・・

年間利回り4%ってあるのか?

実は、僕は資産運用は、ほとんどしていません。

興味本位で、株を買っていますが、配当金がほしいだけです。

株価が下がろうが上がろうが、ほったらかし状態です。

今、僕が買っている株は、ほとんどが年間利回り3%以上です。

年間利回り4%って、日本の株でもたくさんありますので、運用するのは可能です。

アーリーリタイアされている方は、資産運用が上手な方が多いみたいですね。

ですが・・・

株って、元本割れが生じます。

10%株価が下がるなんて、別に不思議なことでもありません。

しかも、30年間も運用していたら、潰れる会社もあるでしょうね。

ん~、悩ましいところです。

最後に

老後に2000万円を貯めようと思えば、資産運用するか、収入を増やすしかありません。

倹約したところで、2000万円までには、なかなか到達しないでしょう。

ご夫婦なら、共働きすれば、手っ取り早いですよね。

今回の2000万円不足問題は、事実だと思います。

もしかしたら、2000万円以上、不足する方もいらっしゃるでしょう。

金融庁は、2000万円足りないことを国民に伝えて、iDeCoの活用を促進しようとしたんじゃないでしょうか?

そうすれば、経済も活性化するでしょうし。

40代の方は、2000万円以上の不足になるでしょうから、今から、備えをしておいた方がいいんじゃないでしょうかね?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。