定年後に35万円が必要になる!もし、ホントなら、いくらあればいいのか?

 

こんにちは。たかです。

世の中には、いろんな情報が飛び交っていますね。

ホントのこともあるし、とんでもないウソの情報もあります。

今日、こんな記事を目にしました。

『老後資金「月35.4万円」…年金期待できない今、持つべき資産』です。

この記事の中に、こんな記述があります。

『定年後の生活にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。』

『日常生活を送るための最低額で22万円、その他の金額で13.4万円。トータル35.4万円とされています』だって。

これが、ウソだとは言いません。

このくらいかかる人もいるでしょう。

ですが、全員が、この金額が必要だとは思いません。

今日は、もし、ホントに定年後の生活に、月35万円必要ならば、いくら貯金が必要になるかを考えてみました。

90歳まで生きたとしたら・・・

仮に、60歳で定年を迎えたとします。

90歳まで、30年間あるわけです。

この30年間で、必要となる生活費は、いくらになるでしょうか?

35万円×12か月×30年=1億2600万円です。

『年金は破綻する!』って言われますが、これを、すべて、自費でまかなえますか?

現在、日本の平均年収は、約430万円くらいです。(中央値はもっと低くなります)

ってことは、手取りで、約350万円くらいでしょう。

22歳で就職して、60歳まで働いたとしたら、350万円×38年=1億3300万円を手に入れることが出来ます。

そうなるとですよ、老後資金に1億2600万円必要ですから、それを除くと、残りは700万円しかありません。

これで、38年間も生活出来ませんよね。

なので、年金がゼロになるなんて、考えられないんです。

もし、そうなれば、日本人は絶滅します・・・

年金を当てにする

僕は、年金を当てにしないと、生きていけないと思っています。

当然、減額にはなると思いますがね。

では、現在は、いくらもらっているのか?

現在、国民年金の平均受給額は月に5万5000円、厚生年金は月に14万5000円と言われています。

合わせれば、約20万円になります。

65歳から90歳まで貰ったとすれば、20万円×12か月×25年=6000万円になります。

老後に必要な資金は、1億2600万円でしたので、自分で準備するお金は、こうなります。

1億2600万円ー6000万円=6600万円ってことになります。

ホントに、老後生活に35万円かかるのならば、60歳時点で6600万円は持っていないといけないってことです。

現実的に無理

今、60歳の方は、6600万円も持っているんでしょうかね?

老後2000万円どころの話ではありません。

60歳から65歳までは、年金が出ませんので、すべて貯金で生活します。

すると、35万円×12か月×5年=2100万円かかるわけです。

ってことは、65時点では、6600万円ー2100万円=4500万円持っていないと、生きていけないってことになります。

もし、ホントに、定年後に35万円が必要ならば、90歳まで生きていける人は、どのくらいいるんでしょうか?

大企業にお勤めの方くらいでしょうか・・・

年金だけでも暮らせます 決定版・老後資産の守り方 (PHP新書)

新品価格
¥880から
(2019/12/10 11:18時点)

最後に

たしかに、老後の生活費に35万円かかっている人もいると思います。

ですが、これからの人は、そんな老後生活を送ることは出来ません。

できるのは、一部の金持ちだけです。

逆に、10万円で生きている人もいると思うんです。

ここを目指した方が、健全だと思います。

偏った情報を流して、『70歳まで働かせよう』とか『投資をさせよう』とするのは、ちょっと、おかしいんじゃないでしょうかね。

こういった情報を鵜呑みにしてしまう人もいると思うんです。

70歳まで働かなくても、普通に生活できる人が、イヤな仕事を続けることになるかもしれません。

投資なんかしなくても、生活できるのに、投資したばかりに資産を失う人も出てくるでしょう。

そんな偏った情報に流されることなく、自分の人生設計をやった方がいいと思います。

ちなみに、僕は、月10万円生活を目指していますが・・・

なかなか、むずかしいですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。