42歳独身で金融資産8000万円でも会社を辞めないのか?

 

こんにちは。たかです。

僕は49歳で会社を早期退職しました。

しかも、妻子持ちで、まだ、子供は専門学校に通っています。

あと、2年、学費を払わないといけません。

金融資産は書けませんが、70歳くらいまでは、なんとか生きれそうな感じです。

こんな状況で僕は、アーリーリタイアしました。

ですので、無職生活です。

そんな中、こんな記事を見ました。

『42歳、一刻も早く退社し年収100万円程度で暮らしたい』です。

FPさんに、相談した内容でした。

ん~、興味を持ったので読んでみました。

なぜ、退職したいのか?

この方は、勤続18年で研究開発職に就かれているようです。

結構、インテリな職業ですので、お給料も良いかもですね。

ですが、年齢と共に、責任の重い役職になったようで、精神的に限界のようです。

さらに、転勤になって勤務時間も長くなり、人間関係も悪くなったみたいで・・・

『1日でも早く仕事をやめたい』って感じになっているみたいですね。

ん~、よくその気持ち分かります。

僕は、重い役職ではありませんでしたが・・・

このまま行くと、『プツン!』ってなってしまいそうです。

心配ですね。

家計はどうなっているのか?

この方は、独身のようです。

ですが、1か月の生活費は、なんと、約24万円です。

凄いですね。

我が家は、家族3人で、15万円以下を目指しているんですが・・・

この方の生活費の内訳なんですが、家賃が約8万円、趣味娯楽と小遣いで約8万円です。

趣味娯楽と小遣いの違いがよく分からないんですがね。

同じなような気もするんですが・・・

あとは、食費や光熱費などです。

今後の生活は?

いまのところから、引っ越しをされるようです。

15000円ほど、家賃が上がるようです。

仕事に関しては、アルバイトや派遣社員として、年収100万円~150万円くらい、稼ぐおつもりのようです。

偉いですね~。

公的年金は、年間で100万円程度、もらえるみたいです。

国民年金を掛け続ければ、65歳になる頃には、もう少し、増えるかもしれませんね。

FPさんの判断は如何に?

FPさんは、こう答えています。

『公的年金が支給される65歳までの22年間で6600万円の支出。』

『対して、年収は65歳までに計2200万円』

『この間、貯蓄から取り崩すのは4400万円。したがって65歳の時点で3600万円が手元に残ります』

65歳で、3600万円も持っていたら、十分じゃないかと思うんですが。

さらに、こう続きます。

『65歳以降は公的年金が支給されますが、おそらく額面で月12万円程度(老齢基礎年金を満額まで増えると想定)』

『貯蓄を取り崩す額は年間に160万円ほどとなり、87歳で用意した老後資金は底をつきます』

ん~、僕なんかより、全然いい条件ですね!

最終的に、FPさんは、『年収100万程度では不足と言わざるを得ません』だって。

長生きリスク、大きな出費を考えると、不十分だと言っているんです。

年収としては、220万円~230万円は必要だと言っておりました。

最後に

僕だったら、42歳独身で8000万円の資産があれば、会社を辞めると思います。

毎日毎日、つらい思いまでして、仕事をする意味がありません。

FPさんの言うとおりだとしても、87歳までは生きれるわけです。

男性の、平均寿命超えてますよね!

十分じゃないですかね?

この先、どうなるかなんて分かりません。

今の時間を大事にして、明るく・楽しく生きていく方が、お金も寄ってくると思うんですが・・・

最後は、自分がどう判断するかですけど。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。