44歳独身・家持ち。貯金4000万円。でも、お金の心配をするのか?

 

こんにちは。たかです。

お金って、いくらあっても心配になるんですかね・・・

今日、こんな記事を目にしました。

『44歳派遣社員、貯金4000万円。健康問題が心配です』です。

登場する女性は、こんな心配をしています。

『いずれ健康問題が出てきたとき、この資金で充分なのか?』って。

病院に行かなければ、医療費はかかりません。

僕の義理の両親は、一切、病院には行ってませんからね。

行かなくたって、大丈夫なんです。

日本人は、ちょっとしたことで、病院に行きすぎだと思います。

でも、4000万円あれば、アーリーリタイア出来るんじゃないかな?

登場する方は?

44歳の独身女性です。

月の収入は約26万円、ボーナスはありません。

貯金は、約4000万円お持ちのようです。

しかも、今お住まいのマンションは、支払い済みのようです。

ん・・・すごいですね。

支出は?

一方、支出はどうでしょうか?

・管理費:1万8000円

・食費:3万円

・光熱費:8000円

・通信費:5000円

・趣味娯楽:1万円

・雑費:2万円

・保険料:4000円

合計すると、約9万円くらいです。

月の収入は26万円ですから、26万円ー9万円=17万円を貯金することが出来ます。

年間では、17万円×12か月=204万円を貯めることが出来ます。

60歳まで働いたら?

仮に、60歳まで働いたら、どうなるでしょうか?

60歳まで、あと16年あります。

ってことは、204万円×16年=約3200万円を貯金することが出来ます。

今の貯金が4000万円ですから、4000万円+3200万円=7200万円が、60歳時点で手元にあるわけです。

もし、100歳まで生きたとしても、年間180万円を使うことが出来ます。

月になおせば、15万円です。

仮に、年金がゼロでも大丈夫です。

60歳まで働いたら、楽勝ですね!

僕なら辞めるかも

もし、今すぐ仕事をやめたらどうなるでしょうか?

年金が支給される65歳まで、あと21年あります。

月の支出は9万円ですから、年間では、9万円×12か月=108万円ってことになります。

21年間で使う生活費は、108万円×21年=約2300万円です。

すると、65歳時点の貯金額は、4000万円ー2300万円=1700万円になります。

この方の年金額は分かりませんが、最低でも、国民年金で5万円くらいはあると思います。

ってことは、月の生活費は9万円ですから、9万円ー5万円=4万円を貯金から切り崩すことになります。

年間では、4万円×12か月=約50万円になります。

65歳時点の貯金額は1700万円ですから、1700万円÷50万円=34年で底をつくことになります。

その時の年齢は、65歳+34年=99歳です。

今すぐ辞めても、大丈夫そうですね。

中村天風の教え 君子医者に近寄らず: 9割の人は病院に行かなくてもいい

新品価格
¥1,000から
(2020/5/24 09:56時点)

最後に

将来のことを心配しないのも良くありませんが、心配しすぎるのも、良くないと思います。

『お金の使用計画』を立てることが出来れば、心配しすぎることは無いと思うんです。

『お金の使用計画』を立てないから、心配になって、余計なお金を稼ごうとするんだと思います。

この方の場合、今すぐ仕事をやめても、何とかなりそうです。

しかも、仕事をやめて収入が無くなれば、非課税世帯になります。

そうなれば、どんなに医療費が高くなっても、高額療養費制度を使えば、支払う医療費はかなり安くなります。

なので、『健康問題が出てきたとき、この資金で充分なのか?』なんて、心配する必要はありません。

逆に、そんな心配をしている方が、健康に良くありません。

がんになったら、死んじゃえばいい。

極端かもしれませんが、そのくらいの方が、健康でいられるような気がします。

健康診断を受けて、病気を見つけてクヨクヨするより、何も知らない方がマシかも。

毎日、明るく・たのしく生活することが、いちばんの健康法だと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。