47歳で手取り20万円、年金70万円/年、老後は大丈夫か?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『47歳、手取り20万円で派遣社員…老後は乗り切れる?』です。

手取り20万円の派遣社員さんのようです。

47歳になり、老後のことが不安になってきたようです。

こういった方って、日本には多いんじゃないでしょうか。

竹中さん曰く、『正社員という立場は、既得権益だ!』なんてこと言い出して、派遣社員が増えていきました。

多様な働き方が出来る点では、『派遣社員』というのは、いい制度だったのかもしれません。

しかし、雇用は不安定ですし、お給料も安い。

なので、老後が不安に感じてしまうのも、無理ありません。

さて、今回登場するかたは、どういった家計なんでしょうか?

登場する方は?

47歳の独身女性です。

月の収入は20万円、ボーナスはありません。

貯金は、1700万円ほどお持ちのようです。

公的年金は、ねんきん定期便の記載額によれば、約70万円くらいあるそうです。

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・家賃:8万円

・食費:3万円

・光熱費:1万2000円

・通信費:5000円

・趣味娯楽:1万円

・保険料:4000円

合計すると、約14万円になります。

月の収入は20万円ですから、20万円-14万円=6万円の黒字です。

すばらしい家計管理ですね!

年間では、6万円×12か月=72万円も貯金することが出来ます。

では、この状況で、60歳まで働くことが出来たら、どうなるんでしょうか?

60歳まで働いたら?

現在、この女性は47歳ですから、あと13年間働くことが出来ます。

すると、13年×72万円=約940万円を貯めることが出来ます。

今、1700万円の貯金がありますから、合わせれば、1700万円+940万円=2640万円になります。

これが、60歳時点での貯金額になります。

60歳から65歳までの5年間は、貯金を切り崩して生活します。

月の生活費は14万円ですから、この5年間の生活費は、14万円×12か月×5年=840万円になります。

これを貯金から賄うとしたら、2640万円ー840万円=1800万円が手元に残ります。

これが、65歳時点での貯金額になるわけです。

年金で生活できる?

47歳時点のねんきん定期便では、公的年金額は約70万円となっています。

今後、60歳まで厚生年金を払い続ければ、公的年金は、年間100万円くらいまで増えるんじゃないかと思います。

そうなると、どうなるでしょうか?

年間の生活費は、14万円×12か月=約170万円ですから、100万円-170万円=70万円の赤字です。

これを貯金で補填すると、1800万円÷70万円=約25年で底をついてしまいます。

この女性が、65歳+25年=90歳の時です。

まあ、計算上は、なんとか生きていけるかもしれませんね。

僕ならこうする

僕からすると、今持っている1700万円の貯金が、ずっと銀行に眠っているのは、ちょっと、もったいないですね。

なので、1700万円のうち1000万円を株式に投資します。

残りの700万円は、もしもの時のために、貯金をしておきます。

仮に、5%で運用出来たら、60歳になった時、約1900万円に増えています。

900万円も資産が増えたら、十分じゃないですかね。

やはり、じっと銀行にお金を置いておくのは、もったいないですね。

最後に

50代、60代になったら、投資はしない方がいいと言われる方もいます。

しかし、僕は、そう思いません。

死ぬまで投資をすればいいわけですから、50代でも60代でも、やった方が良いと思います。

この女性のように、たった13年間、投資をするだけで、900万円も増えるわけですからね。

僕も、コツコツ投資をやっていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました