50歳で1億円あっても、まだアルバイトで働くって、ホントに凄いと思う。

 

こんにちは。たかです。

僕は2019年3月末で会社を早期退職しました。

年齢は49歳です。

世間的には、まだまだ働けると思われるかもしれませんが、残念ながら、限界に達しております。

もう、人とかかわって仕事をするなんて、出来そうにありません。

ちょっとしたことで、うつ状態になってしまいそうなくらい、心が脆くなっています。

これが治るまでには、長い年月がかかるかもしれません。

僕みたいになる前に、我慢できないくらい辛い仕事は、辞めたほうが良いです。

取り返しがつきませんからね・・・

さて、今日、こんな記事を見ました。

『50歳会社員、貯金6200万円。退職勧奨年齢になり早期リタイアを考えています』です。

年齢と言い、退職勧奨年齢・早期リタイアといい、僕と近い感じです。

違う点と言えば、『貯金6,200万円』ってところですかね。

そんなに持っていたら、どんなに楽だろうか・・・内心、うらやましい。

ところがです。

この記事に出てくる方は、退職後のお金について、心配をされているようです。

みなさんなら、心配しますか?

実は資産1億円

この記事をよく読んでみると、この方は貯金以外にも資産があります。

まず、個人年金、養老保険などの生涯受取予定金額が1,500万円、退職金は2,300万円あるそうです。

で、貯金が6,200万円でしょ。

合計すると、1億円になるんです。

50歳で、1億円ですよ~。

しかも、独身です。

みなさんなら、つらい仕事を続けますか?

マンションの購入を検討中

ただし、この方は、マンションの購入を検討されています。

お値段は、約3,000万円らしいです。

ん~、高いのか安いのか分かりませんが、いずれにしても、7,000万円が残ることになります。

50歳で、持ち家で、貯金7,000万円。

この状況でも、仕事を続けたほうがいいですかね?

月に生活費は?

この方は、先にも書きましたが、独身です。

月の生活費を見てみると、なんと、12万7000円です。

そのうち、5万円が住居費みたいですので、7万7000円で生活しているわけです。

ってことは、マンションを購入するのであれば、年にかかる生活費は92万4000円になります。

貯金は7,000万円ありますから、単純に、割り算してみると、約75年は生活出来そうです。

125歳まで生き延びれるかもしれません!

もう、仕事辞めても良くないですかね・・・

アルバイトをするらしい

ところが・・・

この方、お金が心配らしく、55歳までアルバイトで職場に残るんだそうです。

月収は、7~8万円程度になるそうですが。

ん~、僕には、まったく理解が出来ません。

反面、ホントに凄いな~って思いますね。

お金はたくさん持っているのに、まだ、お金の為に働く。

どこまで貯金すれば、満足するのだろうか・・・

まさか、125歳まで生きるとでも思っているんでしょうか?

最後に

死ぬまでお金の為に働く。

こういう方って、意外と多いのかもしれませんね。

で、気がついたら、病気になって、不自由な生活が始まる。

そして、こう思うんじゃないでしょうか?

『好きなことは、何もして来なかった・・・』

『仕事ばかり、するんじゃなかった・・・』

『もっと、やりたいことやっておけばよかった・・・』

この言葉は、50代・60代の末期のがん患者さんが言ったものなんだそうです。

人生、どこで終わるか分かりません。

お金を稼ぐために、時間を無駄にするのは、考えものです。

明日、死んでも後悔しない。

そう思えるような、毎日を送っていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

働かない技術 (日経プレミアシリーズ) [ 新井 健一 ]

価格:918円
(2019/9/2 09:52時点)