50歳で会社を早期退職したらいくら必要なのか?金融庁の報告書から考えた

 

こんにちは。たかです。

『老後は2000万円足りません!』で、大騒ぎになっているようですね。

これは、金融庁が計算した内容ですが、この『老後』とは、65歳のことを指しています。

なので、金融庁は『65歳まで働き続けた場合、年金だけでは2000万円足りない』と言っているわけです。

ってことは、60歳で会社を定年退職して、再就職しなければ、もっと必要になるわけですね。

ん~、60歳ならまだマシですよね・・・

僕の場合、49歳で会社を辞めていますので、どうなるんでしょうか?

恐る恐る、金融庁の報告書で使われたモデルケースを基に、計算してみました。

50歳~65歳までにいくら使うのか?

僕の場合、49歳で会社を辞めましたが、今回はキリがいいところで、50歳で会社を辞めたとして計算してみます。

金融庁の報告書では、夫婦2人の月の生活費は、約26万円でした。

年間にすると、26万円×12か月=312万円になります。

この金額を、50歳から65歳まで、使い続けたとします。

そしたら、312万円×15年=4680万円になります。

50歳で会社を辞めて、年金受給開始になる65歳までに、4680万円使ってしまうってことです。

なんか、この金額を見ただけで、ギブアップしそうですね・・・

65歳~85歳までにいくら使うのか?

ここでは、男性の平均寿命に近い85歳で、計算してみたいと思います。

金融庁のモデルケースでは、年金は月に21万円受給できることになっていました。

ですので、月の不足分は、26万円ー21万円=5万円になります。

毎月、5万円を貯金から切り崩すわけですね。

年間にすれば、5万円×12か月=60万円になります。

では、65歳から85歳までの20年間に、いくら貯金を切り崩すのでしょうか?

60万円×20年=1200万円になります。

ん~、かなりお金が必要ですね・・・

50歳で会社を辞めたらいくら必要か?

50歳から65歳までに、4680万円使います。

65歳から85歳までに、1200万円貯金から切り崩します。

ってことは、4680万円+1200万円=5880万円が必要になります。

50歳で、会社を辞めてブラブラするなら、約6000万円を準備しないといけませんね・・・

と思うんですが、こんな風にはなりません。

なぜかと言うと、50歳で会社を辞めますので、年金額が少なくなります。

おそらく、1000万円くらいは、年金が減額になるでしょうから、約7000万円は準備しないといけないでしょうね。

生活費を切り詰めれば・・・

今回のモデルケースでは、月の生活費が26万円でした。

僕は、貧乏生活でも大丈夫ですので、月にあと8万円、生活費を削減したいと思います。

そうすると、50歳から85歳までの35年間で、いくら生活費を削減出来るでしょうか?

8万円×12か月×35年=3360万円を削減することが出来ます!

ってことは、準備するお金が少なくてもOKになります。

先ほどの計算では、7000万円が必要だと書きました。

ここで、生活費の削減分を差し引くと、7000万円ー3360万円=3640万円になります。

毎月カツカツの生活をすれば、50歳で約3700万円あれば、85歳まで生きていけそうですね!

最後に

生活費を出来る限り節約できれば、アーリーリタイアも不可能ではありませんね。

でも、計画どおりになるかどうかは分かりません。

ちなみに、僕の場合は、70歳まで生きれる貯蓄があります。

ってことは・・・

かなり少ない資金で早期退職したことが、お分かりいただけると思います。

しかも、無職・・・

自殺行為に近いですが、これ以上『雇われる働き方』は出来ないと感じ、早期退職をしたわけです。

どうなるか分かりませんが、行けるところまで、この生き方を貫いてみたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。