56歳ひとり暮らし。貯金は220万円。この先、大丈夫なんだろうか?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『56歳一人暮らし、貯金220万円。貯蓄額をもう少し増やす努力をした方がいいでしょうか?』です。

56歳で貯金220万円。

ちょっと、不安になるかもしれませんね。

出来ることなら、貯金額を増やした方が良いとは思いますが・・・

さて、どんなご家庭なのか?

登場する方は?

56歳の独身女性です。

月の収入は15万円、ボーナスは年間で22万円あるんだそうです。

年収にしたら、約250万円くらいでしょうかね。

貯金は、約220万円お持ちのようです。

公的年金は、65歳から約118万円ほどもらえるようです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・車両費:1万3700円

・食費:3万円

・光熱費:1万3000円

・通信費:1万円

・趣味娯楽:1万円

・雑費:5000円

・医療費:4000円

・ペット費:2万円

・保険料:1600円

合計すると、約11万円になります。

年間では、11万円×12か月=132万円になります。

月の収入は15万円ですから、15万円-11万円=4万円を貯金することが出来ます。

しかし、実際には、月3万円しか貯金していない様子・・・

まあ、1万円くらいの誤差は出ますかね。

ってことで、年間では、3万円×12か月=36万円を貯めることが出来ます。

さらに、ボーナスから5万円を貯金していますから、36万円+5万円=約40万円を貯めることが出来そうです。

61歳まで働いたら?

この女性の計画としては、61歳まではフルタイムの仕事をされるようです。

現在56歳ですから、あと5年は働くことが出来ます。

すると、5年×40万円=200万円を貯金することが出来ます。

今の貯金額と合わせれば、220万円+200万円=420万円になります。

これが、61歳時点での貯金額ってことになります。

公的年金が支払われる65歳まで、4年間は無収入になりますので、この間は貯金を切り崩して生活します。

そうなると、4年×132万円=約530万円は必要になります。

貯金額は420万円ですから、420万円ー530万円=110万円不足することになります。

ん・・・61歳で完全リタイアするのは、危険かもしれませんね。

月5万円のアルバイト

61歳での完全リタイアは無理そうですので、月5万円のアルバイトをしたとします。

すると、65歳までの4年間に、4年×5万円×12か月=240万円を手にすることが出来ます。

240万円あれば、なんとか65歳まで生き延びれそうな感じですよね。

そして、65歳からは年金で生活します。

公的年金は年間で118万円です。

一方、生活費は132万円ですから、118万円ー132万円=14万円たりません・・・

月にすれば、14万円÷12か月=約1万2000円になります。

まあ、この程度なら、節約すれば良いかもしれませんね。

最後に

計算上は、なんとか生きていけそうな気がします。

しかし、いくつか問題点もあります。

ひとつは、65歳までアルバイトがあるのか?ってことです。

今後、機械化が進んでいきますから、高齢者の仕事があるかどうか?

あったとしても、高齢者で仕事の取り合いになるのは目に見えています。

大変な時代になりますね・・・

ふたつめは、病気ですね。

これから先は、医療費の自己負担率が増えていくでしょう。

そうなれば、この方の場合、病院に行く余裕はありません。

ってことは、自宅で我慢するしかないわけです。

コロナで日本の医療が、如何に脆弱か分かりましたよね。

政府は、国民を助けませんから、どうしようもありません。

この辺りまで、しっかりと考えておく必要があると思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。