65歳以上の方は、公的年金以外に月に15万円必要らしい。月に35万使う?

 

こんにちは。たかです。

またまた、衝撃的な記事を見てしまいました。

これです。

『今年度の生命保険に関する全国実態調査によると、夫婦の老後生活資金として公的年金(厚生年金、国民年金など)以外に必要と考える資金額を尋ねたところ、世帯主が60-64歳の間の平均額は月額20・6万円、65歳以降では月額15・9万円となっている。』なんだそうです。

みなさん、どう思いますか?

公的年金って、月に、約20万円くらい支給されていますよね。

その上に、65歳以上の方は、約15万円必要だと答えているんです。

という事は、月に、35万円必要って事です。

65歳で、まだ、子供が大学にでも行っているんですかね?

あるいは、高級マンションにでも、住んでいるんでしょうか?

僕には、どんな生活をしているか、想像がつきません・・・

単身赴任をしている僕ですら、月の生活費は、10万円くらいです。

その中には、交際費も入ってますし、帰省費も入っています。

それでも、10万円です。

会社を辞めれば、交際費なんて、ほとんど、なくなるでしょう。

まあ、あっちこっちで、遊んで回れば別ですが、質素に暮らせば、そんなには必要ないように思うんですが・・・こんな風に思うの、僕だけでしょうか?

夫婦で20万円で生活したい

僕は、家の支払いは終わっているので、家賃を払う必要はありません。

ですので、食費・通信費・光熱費が、主な出費になると思います。

たまには、飲みに行くかもしれませんが、1回に5000円もあれば十分です。

サラリーマンやっている今でも、1回5000円くらいで、終わらせることが出来てますし。

回数も、そんなに行くことはないでしょう。

あっても、月に1回くらいじゃないでしょうかね?

さらに、我が家の食費なんて、ビックリするほど少ないです。

子供がいる時は、なんだかんだで高額でしたが、今や、冷蔵庫にあるものでご飯を食べてますので、3万円弱になっています。

定年後の生活費を圧迫するものは?

僕は、ずっと、これを考えていました。

『高齢者は、何にお金を使っているのか?』

まあ、旅行は、よくある事だと思います。

老後の楽しみでしょうから、仕方ありません。

ですが、ちょっと、節約すれば、少ない予算で、旅行には行けると思います。

一番、危険なのは、『食費』だと思っています。

妻も、食事の用意をするのが面倒でしょうし、後片付けもしたくない。

そうなると、どうしても、外食になることが増えるでしょう。

外食をすると、ほんとに食費が高くなります。

今の僕がそうなんです。

お昼をワンコインで食べることが出来ても、2人なら、1000円です。

これを毎日やってると、お昼ご飯だけで、1か月、30000円ですからね。

これに、朝・夜が加わると、倍以上かかるでしょう。

やっぱり、食費は、厳重に管理しないといけませんね。

最後に

食費を抑える方法は、考えています。

それは、『僕が、食事の後片付けをする』ってことです。

女性って、食事を作ることは好きだけど、片づけるのがイヤだっていう人が多くないですか?

それだったら、男が片づけをすればいいと思うんです。

丸く収まります。

そして、もう一点、『食事内容に文句を言わない』です。

節約の為ですから、冷蔵庫の残り物で、食事を作ってもらうこともあるでしょう。

そんな時でも、贅沢を言ってはいけませんね。

出されたものを、ありがたく頂く。

この精神を貫いて、家計が破綻しない様に、生きていきたいと思います。

ん~、人生って、修行ですね。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。