早期退職したら7000万本当に必要か?

こんにちは。たかです。

以前の記事に早期退職したら7000万は必要ではないか?と書いたのですが気になったので、ネットで検索してみました。

ありました。やはり同じようにどのくらい必要か知りたがっている人がいるんですね。

その方は、FPさんに相談されていました。なるほど!と思う点もありましたが、そうかな?と突っ込みたくなる点もありました。

今回はその相談内容に対するFPさんのコメントを参考に、どうしたらよいか考えたいと思います。

47歳独身、持ち家でも8000万は必要!!

まずは、相談者さんの背景を書いてみたいと思います。

47歳で独身、東京に持ち家があり母親と同居している。現在の生活費は月に18万で、そのうち6万は母親に生活費として渡しているみたい。

貯蓄は7000万で個人年金保険が1000万入る(60歳から10年間)。ですので、トータル8000万の貯蓄があることになりますね。(すごい!)

公的年金は約110万の予定だそうです。

退職してからは、生活費として月に20万を考えているらしい。年間にすると約250万になりますね。

FPさんのコメントです。

47歳から65歳までに約4400万(20万×12か月×18年=4320万)必要。

65歳以降は公的年金以外に約150万は負担することになる。90歳まで生きたら、3750万(25年×150万=3750万)が必要。

2つを足すと、4400万+3750万=8150万となります。要するに、この方は90歳までなんとか生きられそうです。っていうコメントでした。

ですが、『生活費のみで遊びの余裕がない、介護になるかもしれない、90歳以上生きるかもしれない』とのことで、少しでも働くか、生活費をダウンサイジングしたほうが良いとアドバイスしています。

7000万を定期預金でもいいので運用したほうがよいとも言ってました。7000万あれば、年に10万くらいの利息になりますよね。

退職後は夫婦で生活するほうがよい?

独身でも月に20万使うようですが、夫婦2人でもそのくらいで生活できないでしょうか?住居費や光熱費、食費は1人でも2人でもあまり変わりませんよね。

でも公的年金は2人分貰えますから、少しはゆとりはできるかな?と思いました。

それと、1人でいるよりは2人のほうがいい時もありますし(悪い時もありますが・・・その時は逃げる)。特に年を取ったら頼りになります。

持ち家はいいんですかね?うちは持ち家なんですが、この前屋根が壊れて大変な出費になりました。壊れる前にもっと早く言ってよって感じです。

早期退職後の生活費を心配したらきりがない。

長生きしたらとか介護になったらとか、心配し始めるときりがありませんね。そうなったら、何とかなる!くらいでないと自由になれそうにありません。

日本も超高齢化社会ですから、そのうち『生き方の選択』に対する法律なんかも変わるかもしれません。介護にはならないよう、軽い運動はしておきたいものです。

退職してからの遊びも、お金のかからないことをすれば大丈夫だと思っています。世界一周旅行みたいなことは好きではありませんし。海に行ってカニをつかまえて、カニを餌に魚釣りのほうがよっぽどおもしろいです。

これからは、生活費をいかに少なくして、楽しく生きていけるかがポイントになりそうです。

2018年の我が家の家計簿をみてダウンサイジング(20万以下)していきたいと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

“早期退職したら7000万本当に必要か?” への1件の返信

コメントは受け付けていません。