70歳まで働くためには新入社員レベルの意気込みが必要?そんなの無理です

 

こんにちは。たかです。

僕は、会社を早期退職して、無職生活を送っております。

いまのところは、『雇われる働き方』はしないつもりです。

ですが、この先、何が起こるか分かりません。

いきなり、貯蓄が無くなるような出来事が起これば、働かざるを得ません。

そうなれば、『雇われる働き方』を選択するでしょう。

今、国は、『70歳まで働け!』って言っています。

みなさんは、どうされますか?

働きますか?

いや、働けますか?

もっと言えば、雇ってくれますかね?

そんな中、郡山史郎さんの、ありがたい教えを見つけました。

『定年後の再就職、 70歳まで働くための3か条』です。

定年後の再就職って、難しそうですよね・・・

さて、3か条とはどういったものなのか?

会社の雇用延長制度に安易に飛びつかない

これが、一番、雇ってくれそうですが、ダメらしいです。

理由は、賃金の事のようです。

だいたい、現役時代の収入の5~7割くらいになるんだそうですね。

さらに、役職があった方は、さらに下がりますので、3割程度になるんでしょうか?

なので、郡山史郎さんは、継続雇用・再雇用制度とは、『熟練の労働者を買い叩く制度』ではないかと、言われているわけです。

なるほど~。

僕が勤めていた会社は、5割くらいに減給になります。

しかも、雇用の継続に関しては、毎年更新なんですね。

なので、1年で、『ハイ、さよなら!』ってこともあるわけです。

実は、ほとんどの方が、2年で雇用打ち切りになっていました。

そんなもんですよね・・・

定年前の肩書や収入にいつまでもこだわらない

郡山史郎さんは、こう言われています。

新入社員ばりに『何でもやります!』と飛び込むほうが圧倒的に再就職は早く決まります。

そりゃ、そうでしょう!

ですが、そんなこと出来ます?

僕は、ちょっと・・・

年齢なりに『そこそこやります!』しか言えませんね。

おそらく、『ざんねん、不採用です』って、なりそうですね。


実務に加えて指導もできる「実務コンサル」を目指す

ん~、一段と、ハードルが上がりました。

郡山史郎さん曰く、『自分の知見をほかの社員に伝授したり指導して、“欠かせない人材”という評価を勝ち取ること』が大事だと言われています。

なるほど~。

ですが・・・

僕には、そんなもの持ち合わせておりません。

そもそも、僕の知見なんか、時代遅れかもしれません。

それを、他の社員さんに押し付けるなんて、僕には出来ませんね。

きっと、迷惑にしかなりません。

『なんだあいつ!偉そうに!』って言われて、仲間外れにされて、うつ状態になる可能性の方が高いです。

まあ、技術職の方で、最先端の技術を持っている方は、いいかもしれませんが。

最後に

郡山史郎さんの教えを知って、『僕は、70歳まで働けない』ってことが判明しました。

前々から、気が付いてはいたんですが・・・

なんとか、『雇われない働き方』を見つけないと、資金不足になって、死んでしまいそうです。

アーリーリタイアを検討されている方は、じっくりと準備を進めてください。

僕みたいに、ならないように。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。