アーリーリタイアして9カ月。今の心境は?誰にも言えませんが・・・

 

こんにちは。たかです。

僕は2019年3月末で会社を早期退職しました。

12月末で、9カ月が経過したことになります。

早いなぁ~。

あっという間でした。

仕事を辞める前は、『ホントに、会社を辞めてもいいんだろうか?』など、いろいろと悩みました。

ですが、そんなことも、今となってはいい思い出のように感じます。

不思議なものです。

今日は、退職から9カ月たった今の心境を書いてみたいと思います。

本来なら、誰にも言えないようなことなんですが、ブログなら書けそうな気がしますので。

仕事を辞めてよかった

これは、ホントに思います。

あのまま、ずっと仕事を続けていたら、どうなっていただろうか?

うわさによれば、僕が所属していた部署は、子会社化されるそうです。

当然、リストラもあるでしょうし、残ったとしても、お給料は下がったと思います。

いいタイミングで、僕は、会社を去ったのかもしれません。

そして、なんといっても、憂鬱な気分にならなくて良くなりました。

年末年始のような連休は、僕にとっては地獄そのものでしたからね。

連休も初めの方は良いんですが、終わりの方は、うつ状態になって苦しかった。

ですが、今は、そんなことにはなりません。

それだけでも、会社を辞めてよかったと思います。

家族の問題

無職になって、家にずっといますので、家族の問題がよく見えます。

今までは、単身赴任でしたので、家族のことが見えてなかったんですね。

最近では、息子の多重債務が発覚し、妻のイライラがピークを迎えています。

そのせいか、母親にきつく当たることが多いんです。

もともと、言い方がきついところもあったんですが、輪をかけてきつくなりました。

それを、横で見ているだけでも、ストレスを感じます。

注意したって、『あたしが悪いっていうの!』って逆ギレしますからね・・・

もう、僕の手には負えません。

お金の問題

結果として、息子の多重債務を肩代わりすることにしました。

その金額、約200万円です。

お金の出どころは、僕ら夫婦の老後資金からです。

そうなると、当然ながら、老後のお金が少なくなってしまいます。

予想してない出費ですから、痛いですよね・・・

しかも、金額も大きいし。

アーリーリタイアをすると、常に、お金の問題とは向き合わないといけません。

避けて通れませんからね。

今後、生活費を抑えながら、この200万円を取り戻したいと思います。

ひとりだったらなぁ~

ここ最近、思うことです。

家族の問題、お金の問題、いずれにしても、ひとりだったら、起こらないことです。

妻と母親のやり取りも見なくて済みます。

お金だって、自分一人なら、うまくコントロールすることが出来ます。

でも、神様は、そうはさせてくれないんですよね・・・

不謹慎かもしれませんが、『離婚したらどうなるんだろうか?』なんて、思うこともあります。

ですが、妻に財産を半分持って行かれたら、生活することは、まず不可能です。

ってことは、働きに出ないといけませんので、アーリーリタイアした意味がなくなります。

ん~、離婚をせずに、ひとりになる方法はないものか・・・

実は、本気で考えているんです。

一人になりたい男、話を聞いてほしい女

新品価格
¥1,650から
(2019/12/25 16:51時点)

最後に

12月に入ってから、いろいろありすぎたので、ちょっと精神的に疲れているかもしれません。

心のどこかで『ひとりになりたい!』って思っているんです。

月末から、妻と娘が、妻の実家に3泊4日で帰省します。

母親は家にいますが、ほとんど、ひとりのようなものです。

今は、それが楽しみでなりません。

『ひとりになったら、何しようかな?』なんて、考えたりして。

でも、ずっと、ひとりだと寂しくなるんですかね?

僕は、単身赴任が長かったので、あまり実感わかないんですけど。

ひとりなら気楽だし、寂しければ、友達作ればいいし。

そんな気分です。

無いものねだりをしても仕方ないので、なんとか、耐えていきたいと思います。

サラリーマン生活に比べれば、たいしたことありませんからね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。