50代の夫婦。子供小学1年生。貯金800万円。さて、どうする?

 

こんにちは。たかです。

今日も、ネットでウロウロと記事を読んでいました。

その中に、こんな記事が・・・

『子どもはまだ小1…50代夫婦を待ち受ける教育費地獄と老後破綻』

なんとも、かなしすぎるタイトルです。

親が50代で子供が小学1年生。

可愛いでしょうね。

『この子の為なら、何でもしてあげたい!』なんて気持ちになるんじゃないでしょうか?

でもなぁ・・・

現実は、そんなに甘くないような気もするんです。

どんなご家庭なのか?

旦那さん54歳、奥さま51歳、お子さんは小学1年生です。

旦那さんは会社員、奥さまはパート勤務をされています。

月の収入は、ご夫婦合わせて38万円。

ボーナスは、年間で80万円ほどあるようです。

貯金は800万円だそうです。

退職金としては、1200万円くらいもらえる予定だそう。

お子さんは、大学までストレートで進学できるようにと、私立の小学校に通わせているらしい。

ところが、子供の教育費が予想以上にかかり、毎月の生活費は赤字に・・・

ボーナスから補填して、なんとか生活されているようです。

ん・・・ちょっと、老後の生活が不安になりますよね。

それよりも、子供の学費を出すことが出来るのか?

ちょっと、考えてみました。

すべて私立の場合の学費は?

文科省から出されている資料を見てみると、各年代の学費は、こう書かれています。

私立小学校:約900万円

私立中学校:約400万円

私立高校:約300万円

私立大学:約450万円

これらを合計すると、約2000万円になります。

もし、私立大学の理科系に進学すれば、さらに学費は上がるでしょう。

しかも、実家から離れてひとり暮らしをするようになれば、仕送りも必要になります。

仮に、月10万円仕送りしたら、年間では120万円です。

4年間では、約500万円になります。

ってことは、3000万円近くかかる可能性があるわけです・・・

働くしかない

このご夫婦に残された道は、『働き続ける』ってことでしょうか?

このまま、お子さんが私立に進学すれば、2000万円は必要です。

今の貯金と退職金で、学費をまかなうことは出来るでしょう。

ですが、老後のお金がありません・・・

年金だけで生活出来ればいいですが、それだけでは、不安ですからね。

出来る限り、働き続けるしか、方法はないように思います。

お金もない、知識もない、しかも臆病な人のためのお金を増やす方法

新品価格
¥880から
(2020/3/23 12:24時点)

最後に

子供の学費って、負担が大きいですよね・・・

特に、大学生になったら、大変だと思います。

我が家の子供たちは、大学に進学しませんでしたので、助かりましたが・・・

『子供のために!』と思って、無理して学費を準備しても、無駄になることも多いです。

まあ、結果論ですがね。

なので、勉強したい子には進学させればいいし、嫌いな子には、就職させるのがいいと思います。

今の時代、大学に行っても、就職は変わりません。

総合職とか、一般職とか、そんな区分けをする時代も終わりになるでしょう。

そして、『定年まで勤めあげる!』なんていうことは、今後あり得ないと思います。

早く社会に出て、自分の得意分野を見つけ、やりたい事をやって、お金を稼ぐ。

これが出来ないと、今後は、生きていくのも厳しいかもしれませんね。

その為にも、子供のうちから、『熱中できることを見つけることが出来る人間』に育てたほうがいいと思います。

『学校がないから、やることない』

『学校に行けないから、暇だ~』

そんな感じだったら、ちょっと、考えものです。

『定年したら、やることがない!』って言っている大人と一緒ですからね。

みんなと違うことが出来る子供に育てることが、これからは、大事なのかもしれません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。