毎月10万円の赤字。どうやって解消するか?

 

こんにちは。たかです。

現在の日本は、収入が少ない割に、税金が高いですよね。

なので、手取りの収入は、かなり少なくなります。

でも、国は消費税を下げようとはしません・・・

どうなっているんですかね。

さて、今日、こんな記事を見ました。

『44歳、毎月10万円の赤字からどう脱すればいいのか』です。

毎月、10万円の赤字を出しているようです。

今は、貯金を切り崩して、なんとか生活しているようですが、この先どうなるか?

とっても、心配になります。

では、どんなご家庭なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん44歳、奥さま40代、10歳と5歳のお子さんがいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さんが25万円、奥さまは専業主婦です。

ボーナスは、年間で120万円あるそうです。

年収にすれば、約500万円強ってところでしょうか。

貯金は、投資も合わせれば、約400万円ほどお持ちのようです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・住宅ローン:7万5500円

・車両費:3万円

・食費:5万円

・教育費:4万6000円

・光熱費:2万2000円

・通信費:2万2000円

・趣味娯楽:1万5000円

・こづかい:2万5000円

・雑費:3万円

・保険料:5万6000円

合計すると、約37万円になります。

月の収入は25万円ですから、25万円-37万円=12万円の赤字になります。

児童手当の2万円を合わせれば、10万円の赤字になるわけです。

ん・・・児童手当は、生活費には使いたくないですよね。

将来の子供の学費のために、貯めておきたいところです。

さて、この10万円の赤字をどうやって解消したらいいでしょうか?

月25万円で生活できるのか?

そもそも、家族4人が月25万円で生活できるんでしょうか?

まあ、家賃を払わなくていいのなら、なんとかなると思います。

でも、住宅ローンを組んでいるわけですから、月25万円では生活できないと思うんですがね・・・

しかも、下のお子さんは幼稚園に通っています。

幼稚園って、お金かかりますからね・・・

なので、『今は、赤字になるのは仕方のないことだ!』とあきらめた方がいいと思います。

ですが、下のお子さんが小学校に行くようになれば、奥さまの負担も減って来るでしょう。

そうなったら、奥さまが月に5万円でもいいので、稼いでくればいいと思います。

やっぱり保険料かな?

このご家庭も、月の保険料は、5万6000円も支払っています。

内訳はこうです。

《旦那さん》
◉個人年金:保険料1万円
◉変額保険:保険料4000円
◉医療保険:保険料4800円
◉家族収入保険:保険料3500円
◉生前給付保険:保険料6800円

《奥さま》
◉個人年金:保険料5000円

《こども》
◉上の子/学資保険:保険料1万2000円
◉下の子/学資保険:保険料1万円

いろんな保険に加入されているんですね・・・

でも、これらの保険って、ホントに必要なんですかね?

僕なら、こうします。

学資保険を除いて、すべてやめてしまいます。

そして、旦那さんの死亡保険だけ、別に掛け捨てで加入します。

もし、旦那さんが亡くなってしまったら、残されたご家族は大変になりますからね。

そこだけは、保障を持っていた方が良いと思うんです。

それ以外は、不要だと思います。

すると、約3万円くらいは浮いてくると思います。

最後に

現在の日本は、共働きでないと生活できません。

我が家も、そうでした。

我が家には、2人の子供がいたんですが、小学校に入学と同時に、妻には働いてもらいました。

それまでは、かなり生活は苦しかったですね・・・

家のローンもありましたし。

あとは、出来る限りの節約をする事でしょうか。

このご家庭では、車にお金がかかりすぎている気もします。

お金がないのなら、中古の軽自動車で十分です。

そうすれば、月に3万円も車にお金を使うことはありません。

我が家の場合、若い時から節約生活をしてきたので、貧乏生活に慣れてしまったようです・・・

そのおかげで、今では、少ないお金でリタイアすることが出来ました。

ん・・・良かったのか?悪かったのか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。