200万円が消えてしまう家庭。どうやったら、そうなるのか?

 

こんにちは。たかです。

みなさんのご家庭は、家計簿ってつけていますか?

我が家の家計簿は、数年前まで、かなり雑でした。

まあ、雑なのは仕方ないんですが、いちばんの欠点は、合計をしていなかったことなんです。

意味わかりますか?

たとえば、食費、電気代、ガス代とか、項目ごとには記載しているんです。

でも、それらの合計金額を計算していなかったんです。

ですので、『今月、食費いくらだった?』と妻に聞いても、『さぁ?いくらかね?』って感じになるわけです。

ですが、意外とこんな家計簿をつけている人って、多いみたいですよ。

さて、今日、こんな記事を目にしました。

『「今年の貯蓄額は50万」貯蓄スピードが落ちた共働き夫婦の家計簿』です。

さて、どんな家計簿をつけているんですかね?

登場するご家庭は?

旦那さん41歳、奥さま38歳、6歳と2歳のお子さんがいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さんが31万4000円、奥さまが10万5000円です。

夫婦で、41万9000円になります。

ボーナスは、年間204万円もあるようです。

世帯年収は、約900万円弱ってところでしょうか?

貯金は、投資なども含めれば930万円あるようです。

支出は?

では、支出はどうなんでしょうか?

・住居費:11万3000円

・食費:10万5000円

・水道光熱費:1万5000円

・交通費:5000円

・通信費:1万8000円

・被服・美容費:2万円

・趣味・娯楽費:9000円

・教育費:5万8000円

・保険:1万5000円

・その他:1万3000円

合計すると、37万1000円になります。

月の収入が41万9000円ですから、4万8000円は毎月貯金出来ます。

ってことは、年間では、4万8000円×12か月=57万6000円が貯まっていきます。

しかも、ボーナスが年間で204万円ありますから、204万円+57万6000円=約260万円も貯金出来るんですね。

さて、このご家庭の悩みって、なんだか分かりますか?

これだけ、経済的に余裕のある家ですよ。

実はですね・・・

『年間で50万円しか貯金できない。家計をどうやりくりしたらいいのでしょうか?』ってことのようです。

『あれ?260万円貯金出来ているんじゃないの?』って思いますよね。

それが、実際には、出来てないみたいなんです。

みなさんなら、どうしますか?

ボーナスはどこへ消えた?

年間50万円しか貯金できてないってことは、ボーナスはどこへ行ったんですかね?

もし、これが我が家だったら、マジギレしてますね・・・

かなり、家計管理が、ずさんだと思いませんか?

おそらくは、家計簿の付け方が適当なんだと思います。

そして、毎月の生活費も、ホントは赤字なんじゃないでしょうかね?

その補填に、ボーナスを使っているんだと思います。

でなければ、年間の貯金が50万円ってことはありえません。

まずは、家計簿をちゃんとつけるところからやらないといけませんかね。

食費が10万円?

もうひとつ気になったのは、食費に10万円かかっていることです。

外食が多いんでしょうか?

それとも、高い食材を使っているんでしょうか?

お子さんは、まだ、6歳と2歳です。

これが、中高生になったら、どうなることか?

男の子だったら、1日に5食くらい食べますよ!

そうなったら、このご家庭の食費は20万円くらいになってしまうかもしれません。

今のうちから、節約体質にしておいた方がいいと思いますね。

最後に

『お金がどこに行ったか分からない!』ってご家庭って、裕福なところが多いですね。

我が家のように、貧乏になってくると、ちゃんと、家計管理をするようになります。

適当にお金を使っていると、破産してしまいますからね。

共稼ぎで収入が多くなると、支出も多くなる。

結果的に、貯金が出来ていない。

よくあるパターンです。

そして、生活レベルを落とせない。

貯金は、益々なくなっていく・・・

そんな負のスパイラルに陥らないように、気をつけないといけませんね。

お金は、適当に使うんじゃなくて、使いたいところに、たっぷり使うようにしましょう。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。