年収400万円でも年100万円貯める方法。もっといい方法あります。

 

こんにちは。たかです。

みなさん、貯金はされていますか?

お給料が上がらない中、貯金を増やすって、難しいですよね。

でも、サラリーマンの平均年収って、前年に比べて、8万5000円上がっているそうですよ。

ただし、最近の国の調査は信用できませんがね・・・

さて、今日は、こんな記事を読んでみました。

『年収400万円で年100万貯める“スゴイ人”の節約術、どこまでマネする覚悟あり?』です。

なんか、凄い技があるんですかね?

ちょっとだけ、僕の感想を書いてみたいと思います。

年収400万円の手取り

年収とは、税金とか社会保険料が引かれる前の金額です。

だいたい、20%ほどは持って行かれますので、年間で手取り320万円くらいになるんでしょうか?

月になおせば、約27万円ほどの手取りになります(ボーナス無しとして)。

この状況で、年に100万円を貯めるのは、なかなか、大変かもしれませんね。

もし、住居費を払わなくていいのなら、出来そうな気もしますが・・・

では、この記事に書いてあった『スゴイ人の節約術』をご紹介します。

定期預金の預け替え

今の定期預金の金利って、約0.01%なんだそうです。

なので、仮に100万円預けたとしても、年に100円の利子がもらえる程度です。

ですが、ボーナス時期などに出されるキャンペーンでは、金利が0.2%などにアップする定期預金などがあるんだそうです。

知りませんでした・・・そんなのがあるんですね。

その時に、預け替えることによって、利子を増やそうという作戦です。

もし、100万円を0.2%の定期預金に預け替えたとしたら、年に2000円の利子がもらえます。

さて、みなさん、ここまで頑張れますか・・・

ん~、2000円を得る方法なら、もっと他にもありそうです。

たとえば、1回飲み会を断るとか・・・

保険より食事にお金をかける

食生活を大事にして、健康を保ち、医療保険には加入しないってことみたいです。

まあ、独身であれば、死亡保険もいりませんし、医療保険も必要ありません。

だって、日本には、『高額療養費制度』がありますので、医療費で破産することは、まずありません。(特殊な治療を受ければ別ですが)

でも、家族がいたら、そういうわけにはいきませんよね・・・

死亡保険には加入しておかないと、残された人は、大変になりますから。

お風呂は使わない

えっ?

銭湯でも行くのか?

そうではありません。

この記事の中では、スポーツジムを契約して、そこのお風呂を使うってことみたいです。

そうすれば、ガスや水道代を節約できるってわけですね。

ですが、ジムの会費って高いですよね。

月に1万円くらいかかるんでしょうか。

独身なら、電気・ガス・水道すべて合わせても、1万円かかりません。

ジムに1万円払うくらいなら、家でいつでもお風呂に入れる方が良いと思いますが・・・

体を鍛えるのであれば、ランニングをすればいいですし、筋トレだって、自宅で十分出来ます。

お金を貯めるのなら、逆にジムはやめたほうがいいですね。

エコ生活

ちょっと、そこまでやるか?って感じのことが書いてありました。

まず、ガス代を節約するために、こんなことをするんだそうです。

大きな鍋やペットボトルに水をいれ、それを黒いゴミ袋で覆い、ベランダに放置してぬるま湯を作るんだそうです。

それを沸かせば、ガス代が少なくて済むという作戦です。

ん~、その水、大丈夫かな・・・ボウフラとかいないかな。

また、電気代を節約するためには、こんなこともしているようです。

エアコンをなるべく使わないように、凍らせた2Lのペットボトルを扇風機の前に置いたりするんだそうです。

なるほど・・・よくやりますよね。

でも、扇風機の前より、後ろの方が長持ちしますよ。

是非、やってみてください。


最後に

なんだか、いろんなことが書いてありましたが、どれも、パッとしませんでしたね。

年に100万円を貯めるためには、月に約8万円が必要になります。

月の手取りが約27万円ですから、19万円は使えるわけです。

そう考えれば、やりくりできませんかね。

一番は、『家賃をいかに安くするか?』ですよね。

田舎なら、家賃5万円とか6万円なんて、たくさんあるんですが。

東京とかだったら、無理なんでしょうね。

ってことは、田舎で仕事をするのがいいかもしれませんよ。

福岡なら、家賃5万円くらいなら、あるとおもいます。

年間100万円を貯めるには、田舎に引っ越す。

これが、一番かもしれません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。