年収1億円の営業マンかぁ・・・騙される人が出なければいいが。。。

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『営業社員に年収最大1億円 三菱UFJ証券、人材確保で』です。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が、営業担当社員を対象に、最大で年収1億円を可能にする新たな人事制度を始めたそうです。

今までは、投資銀行部門などに所属して専門的な業務を担う社員は、こういった高額の年収を得ることが出来たんだそうです。

それを、営業マンにまで拡大したってことなんでしょう。

実は、僕が勤めていた会社にも、このような制度がありました。

営業マンの中でも、トップ10名くらいは、年収2000万円くらいもらっていました。

しかし、そんなの、ずっとは続かないんですよね・・・

営業なんて、浮き沈みがありますから。。。

優秀な人材とは?

この記事に中に、こんなことが書かれています。

『優秀な人材を確保するのが狙い』って。

優秀な人材を確保するために、年収を1億円にまで上げたってことなんでしょう。

しかし、優秀な人材って、どんな人材なんでしょうかね・・・

ただ単に、売り上げが多い営業マンなのか?

あるいは、売り上げだけでなく、人材育成も出来る人材なのか?

まあ、会社によって、『優秀』の定義が違いますから、よく分かりません。

ちなみに、僕が勤めていた会社で優秀だと言われる人は、『売り上げを上げ、社命に逆らわない人』のことでした。

減給もやる?

僕の経験上、こういった人事制度をやる時って、かならず、減給もあります。

簡単に言えば、年収1億円もらえる人もいれば、200万円になってしまう人もいるってことです。

人件費の総額は決まっていますから、誰かが増えれば、誰かが減る。

そんな感じでしょうか?

まあ、トータルの人件費が減らなければいいんですが、僕が勤めていた会社では、こんなことがありました。

年収2000万円もらえる人は、あまり増えず、逆に、年収が減る人は多発する。

なので、トータルで見れば、会社としては、人件費を削減することが出来た!

会社って、ホントに、残酷ですよね・・・

最後に

この記事を読んで、ふと思ったことがあります。

『1億円ほしさに、お客さんを騙す社員が出て来なければいいが・・・』って。

今、岸田さんが、『貯金から投資』なんて、変なことを言っています。

その影響で、証券会社に投資相談に行く人がいるかもしれません。

そこで、いろいろと営業マンに美味しい話をされる。

高齢者だったら、コロッと騙されるかもしれませんよね・・・

そして、次から次にお金を投資し、気がついたら、ほとんど無くなっていた。。。

そんなことにならなければいいんですがね。

結局、投資は自己責任ですから、よーく勉強して、自分が納得したものに投資をするべきですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。