共働きだった元同僚の話し。これじゃあ、お金は貯まらないと思った。

 

こんにちは。たかです。

今日も、妻がアルバイトに行ってから、ネットでウロウロと記事を見ていました。

そしたら、こんな記事を見つけました。

『共働きなのに「貯まらない家庭」の共通点とは?』です。

そういえば、元同僚だった人も、お金が貯まらないって言ってたなぁ・・・なんて、思い出してしまいました。

今日は、その同僚の話を書いてみたいと思います。

世帯年収1000万円以上

元同僚は、社内結婚をしていました。

ですので、おそらく、世帯年収は1000万円は超えていたと思います。

でも、彼曰く、『たかさん、うちって、お金が貯まらないんです・・・』って言っていました。

僕としては、かなりの稼ぎがあるのに、なぜお金が貯まらないのか不思議だったんです。

そこで、こんなことを聞いてみました。

『家計はどちらが握ってるの?』って。

そしたら、彼は、こう言うんです。

『お財布は、各々が管理していて、生活費を出し合うんです』って。

どうやら、お互いがお金を出し合って、その中で生活していたようなんです。

貯金は?

僕としては、貯金もお互いが出し合っているんだろうと思ったわけです。

そこで、こう聞いてみました。

『じゃあ、貯金もお互い出し合って、貯めているんだね』って。

そしたら、こう返ってきました。

『いいえ、貯金はそれぞれがやっています』って。

さらに、続けて、こう言いました。

『先日、いくらあるか嫁さんに聞いたら、十数万円しかなかったんです』

『でも、僕は、数万円しかなくって・・・』

『てっきり、嫁さんが貯めていると思い込んでいたんで、貯金してなかったんですよね・・・』だって。

おそらく、奥さんの方も、旦那さんが貯めていると思っていたんでしょうね。

なので、自分も使ってしまった・・・

そんなところでしょうかね。

こづかいだけ残す

この話を聞いて、『なんだか、もったいないなぁ・・・』って感じてしまいました。

僕なら、こうしますかね。

お互い、自分が使う分だけプールする。

それ以外は、すべて家計に入れて、生活費にする。

その出し合ったお金の中から、定額を貯金にまわす。

そうすれば、気兼ねなく、好きにお金を使えますし、貯金も出来ます。

ただし、やっておくべきことがあると思います。

それは、お互いの収入を確認しておくってことですね。

意外と、共働きの人って、パートナーの収入を知らないことが多い。

まあ、知られてしまうと、相手に取られると思うから、教えないんですかね。

ですが、結婚すれば家族です。

その辺は、正直になったほうがいいですよね。

そして、年に1回くらいは、貯金額を確認する作業はやった方が良いでしょう。

そうすれば、『もう少し、家計にお金をまわそうかな?』なんて気になるかもしれません。


最後に

年収が多い家庭よりも、少ない家庭の方が、お金が貯まっていると聞きます。

あながち、ウソでは無いような気もします。

年収が高いと、『うちはお金があるから、少しくらい使っても大丈夫!』みたいな感じになるんじゃないですかね。

我が家の場合、貧乏でしたので、かなり節約生活していました。

まあ、それが良かったのかもしれません。

貯金も出来ましたし、生活レベルを上げることなく、楽しく生活することが出来ています。

慣れてしまえば、お金が無くっても、楽しい日々は過ごせます。

外食だって、月に1回くらい行けば、十分だと思います。

もし、共働きでお金が貯まらない方は、気を付けてください。

一旦上がってしまった生活レベルを下げるのは、大変ですからね。

いつ、共働きが、出来なくなるか分かりません。

お金を使わない、楽しい時間の使い方をやった方が、豊かになれると思いますよ。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。