ノルマ達成を追及されているサラリーマン。その本音とは・・・

 

こんにちは。たかです。

今日は、求職活動をするために、ハローワークに行ってきました。

唯一、無職の僕が必ずやらないといけないことです。

これをやらないと、お金がもらえませんからね。

10時前に家を出発しまして、バスに乗って地下鉄の駅まで行きました。

ちょうど、電車が出たばかりだったので、次の電車が来るのを待っていました。

すると、隣に座っていたサラリーマンの方に、電話がかかってきたんです。

大変ですよね・・・

僕なんか、携帯に電話がかかってくることなんか、まずありません。

『必要ないかもなぁ・・・』なんて、最近、思っているくらいです。

どうやら、このサラリーマンに電話をかけてきたのは、上司のようです。

イヤですよね、上司からの電話って。

ろくなことありません。

僕は、だいたい、怒られる事ばかりでした・・・

さて、どんな会話だったと思いますか?

ノルマ達成の確認??

電話での会話は、こんな感じでした。

『おつかれさまです、最終の着地ですか?ん~、厳しいですね・・・』って。

もしかしたら、僕が勤めていた会社と同業かな?って感じがしました。

どうも、ノルマを達成できるかどうか、上司から確認されているみたいです。

『相手も決算なんで、大目の発注は難しいですね』だって。

どうやら、ノルマ達成のために、大目の発注を依頼しているみたいです。

僕も、同じようなことやってました・・・

頭をペコペコ下げながら、『なんとかなりませんかね・・・』みたいな感じで。

部下がいるのか?

すると、そのサラリーマンは、こう言っていました。

『みんなには、指示出していますので、夜には分かると思います』って。

この人には、部下がいるみたいですね。

プレイングマネージャーってところでしょうか?

自分のノルマもやらないといけないし、部下にもノルマを達成をさせないといけない。

中間管理職で、一番、つらい時期かもしれません。

一番下っ端もつらいですが、間に挟まれる人も大変です。

でも、サラリーマンとは、そんな形で成り立っていますから、仕方ないですかね。

電話を切った後に・・・

最後に、サラリーマンの方は、上司にこう言っていました。

『指示されたところまでは、なんとかしますので』って。

それって、上司から指示されたノルマをやるってことですよね、たぶん。

よほど、この方、自信があるんでしょうかね?

すごいですね~

僕は、口が裂けても、『なんとかします!』なんて言いませんでした。

だって、なんともならないのが分かっていましたから・・・

その後、サラリーマンの方は、電話を切りました。

そして・・・

このサラリーマンが、ボソッと言った一言。

『できるわけねーだろ!ばか』だって。

独り言なんですが、ちょっと、笑ってしまいました。

これが、本音ですよね。

さらば! サラリーマン 脱サラ40人の成功例 (文春新書) [ 溝口 敦 ]

価格:918円
(2019/9/24 12:22時点)
感想(0件)

最後に

このサラリーマンの上司にも、さらに上司がいるんでしょうね。

そして、その上司にも、さらに上がいるのかもしれません。

一番えらいひとが『ノルマは廃止しよう!』といって、徹底させれば、みんな幸せに仕事できるんですがね・・・

まあ、口ばっかりの○○生命みたいなところもありますので、えらい人の言葉も信用なりませんが。

もし、今から営業マンに戻って、ノルマ達成を命ぜられても、僕はまったくダメでしょうね。

まったく意味もないことに、時間と体力を使うことなんか出来ません。

『雇われる働き方』は、もう、僕には一生無理かもしれませんね。

頑固おやじになってきていますので、社会生活が出来ないような気がしています。

やっぱり、質素な生活をしながら、ほそぼそと生きていきたいと思います。

サラリーマンのみなさん、心と体を大事にしてくださいね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。