退職後の生活費をさげるために地方への移住は賢明なのか?

 

こんにちは。たかです。

『老後2000万円不足問題』が勃発してから、『退職後の生活費をどう抑えるか?』といった記事をよく目にします。

金融庁の発表では、『年金が月に21万円、生活費が26万円と報告されおり、月に5万円が足りなくなる』との事です。

ってことは、簡単に言えば、あと5万円稼ぐか、5万円節約すればいいわけです。

さて、どちらを選択するか?

その前に、『退職前に比べて、退職後の生活費は、どのくらいになるか?』ということを、確認しておかないといけません。

金融庁の報告では、月に5万円不足するとの事ですが、この不足額は、人それぞれだと思います。

家がある人・ない人、教育費がかかる人・かからない人、などなど。

一般的には、こんな式があるそうです。

退職後の年間生活費=退職直前の年収×目標代替率

目標代替率は70%が一般的なんだそうです。

ってことは、退職前の年収が600万円であれば、退職後は420万円かかるってことのようです。

ん~、ホントかな?

まあ、ひとつの目安として、考えたほうが良さそうです。

では、生活費を下げるための方法って、どんな事があるんでしょうか?

こんな記事を見ました。

『「退職したら地方に」専門家おすすめの「生活水準下げない」工夫』です。

生活水準を下げずに、生活費を下げる方法を書いているようです。

ズバリ、地方に移住する!

ん?

ここで、疑問符が頭の周りに並んでいる方も、多いんじゃないでしょうか?

この記事の筆者は、こう言っています。

『地方の中核都市でも十分に生活費を下げて、生活水準を下げない生活ができます』って。

さらに『例えば県庁所在地の都市でも東京23区と比べると、消費者物価は7%ほど低く、家賃は6割も安くなっています』だって。

たしかに、東京に比べれば、家賃は断然安いと思います。

駐車場なんかも、安いですしね。

ところがです・・・

別に、物価は安くありません。

もしかしたら、東京の方が安いかもしれません。

僕は単身赴任で山口県にいましたが、福岡県と比べて、物価は高かったです。

しかも、品ぞろえがよくない。

食材なんか、山口県より福岡県の方が、絶対に安いです。

決定的に違うのは・・・

交通の便が悪い

東京なんかは、交通の便がいいので、車なんか無くったって、何とかなりそうです。

ですが、地方都市に行けば、車は必須です。

病院に行こうと思っても、車が無いとかなり不便です。

山口県にいた時なんか、交通手段がバスしかありませんでした。

しかも、1時間に3本くらいしか来ないんです。(悪口言ってるわけじゃありませんよ)

別に、山口県の山奥にいたわけじゃありません。

県庁所在地の近くに住んでいました。

福岡でも、天神とか博多駅周辺なら便利がいいですが、ちょっと外れたら、車が無いと不便です。

トータルで考えたら、一概に地方に移住がいいとは、言い切れないような気もします。

最後に

僕は、福岡市から30分ほど外れたところに住んでいます。

生まれ育ったところです。

小さい時は、草藪だったところに、今では家が立ち並んでいます。

移住されて来た方がほとんどです。

そういった方とお話をしていると、こんな声が聞こえてきます。

『昔から住んでいる方とのコミュニケーションがむずかしい』って。

特に、年寄りが多いですからね・・・このエリアは。

やっぱり、田舎に移住してくると、人間関係が難しいみたいです。

昔からの変なルールが残ってますからね。

お金のことばかりじゃなく、総合的に考えて、移住するかどうか、判断したほうが良さそうです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。