収入の70%も貯金してアーリーリタイアを目指す。日本のサラリーマンでは無理。

 

こんにちは。たかです。

アーリーリタイアを目指している方は、日々、節約をし貯金をされていると思います。

みなさんの貯蓄率って、どのくらいですか?

2016年の統計によれば、日本の貯蓄率は、約2%なんだそうです。

この統計の貯蓄率とは、可処分所得に対する貯蓄率のことです。

ですので、年収に対する貯蓄率は、もっと低くなるでしょうね。

海外では、とんでもない人達がいるみたいです。

なんと、年収の70%を貯金に回して、アーリーリタイアをやろうとしているそうなんです。

凄くないですか・・・

年収500万円だったら・・・

仮に、年収が500万円だったら、どのくらい貯金することになるんでしょうかね。

年収の70%という事は、500万円×70%=350万円です。

ってことは、残りの150万円で生活することになります。

そうなると、月に12万円しか、使えないってことですね。

まあ、実家暮らしで家賃がかからない人なら、なんとかなるかもしれませんが・・・

でも、年間350万円貯金したとしても、アーリーリタイアするには、何年かかるでしょうか?

仮に、10年かかったとしても、3500万円です。

アーリーリタイアするには、ギリギリのラインかもしれませんね。

年収が高い

海外でアーリーリタイアを目指している方は、そもそも年収が高いようです。

年収3000万円の人が、70%を貯蓄に回したとすれば、年間2100万円貯まっていくわけです。

ってことは、5年で1億円を貯めることが出来ます。

10年やれば、2億円ですからね。

まあ、これなら、現実的にアーリーリタイア出来るかもしれませんね。

高給取りって、やっぱり、いいですね。

日本でアーリーリタイアするには?

日本人のサラリーマンは、年収1000万円になれば、かなりの高給取りです。

その人が70%を貯金すれば、年間700万円です。

10年も貯金すれば、7000万円貯まりますから、アーリーリタイアも可能です。

ところが、年収1000万円になるころって、何歳ですかね?

すでに、50歳くらいかもしれません・・・

そこから、お金を貯めていたら、定年間近です。

アーリーリタイアにはなりません。

ってことは、年収が上がってからリタイア準備をしても遅いんですね。

年収が低いうちから、準備が必要になるわけです。

もし、30代でアーリーリタイアを目指すのであれば、『準備は早めにする』『生活レベルを抑える』ことが重要になります。

であれば、日本のサラリーマンでも、アーリーリタイアは可能かもしれませんね。

30代から始める不労所得の作り方

最後に

日本でアーリーリタイアを目指すのであれば、若いうちからお金を貯める。

遊びまわって、お金を散財している暇はない。

そのお金を投資にまわして運用する。

日本のサラリーマンは、稼ぎが少ないですから、お金に働いてもらうしかありません。

年齢と共に、年収が上がれば、貯蓄スピードも上がってくるでしょう。

そして、重要なのは、生活レベルを低くしておくこと。

そうすれば、アーリーリタイア資金が多額でなくても、実行可能になります。

その後も、生活レベルを上げず、少額でもいいので稼ぐことが出来れば、リタイアして、自分の時間を楽しむことが出来るんじゃないですかね。

でも、若いうちから、『アーリーリタイアをやろう!』って思う人って、どのくらいいますかね?

アーリーリタイアを意識し始めるのって、30代が多いんじゃないでしょうかね?

その時って、結婚してたり、子供がいたりして、貯金が出来なかったりして・・・

結局、我慢して会社にいるしかない・・・みたいな。

これが、現実のような気がします。

何はともあれ、贅沢はせず、貯金だけはしておいたほうが良いようですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。