希望退職募集に怒り爆発!僕には理解できない感情なんだが・・・

 

こんにちは。たかです。

今日も、暇だったので、ネットでいろんな記事を読んでいました。

そしたら、こんな記事を見つけたんです。

『53歳の会社人間、希望退職者候補に・・・息子の気持ちに気づいて再スタート』です。

希望退職者候補か・・・

僕は自主的に会社を辞めましたので、肩たたきもされませんでした。

でも、自主的に手上げしなかったら、退職者候補になっていたんだろうな・・・なんてことを思ったんです。

だって、僕は、かなりポンコツでしたからね・・・・

でも、この記事に出てくるおじさんとは、ちょっと、感覚が違う。

その辺りを、ちょっとだけ、書いてみたいと思います。

この記事の内容とは?

まず、この記事の内容を書いてみます。

登場する男性は、53歳です。

どうやら、大企業にお勤めのようです。

残念ながら、会社の業績が悪くなり、希望退職制度が発令されたようです。

割り増し退職金は1500~2500万円。

そして、その候補者に、この男性が選ばれたようです。

この男性は、候補者になったことに対して、怒り爆発です。

その理由は、こうです。

『休日も接待などで犠牲にし、長時間労働にもめげずに働いてきたのに!』

『帰宅もいつも0時過ぎ。家族旅行もなしです!』

『会社のために滅私奉公で働いた、なぜ50歳代がターゲットになるのか?』

途中までですが、ザックリいえば、こんな感じの内容です。

なんだか、僕からすれば、違和感あるんですよね・・・

捨てられる感覚なのかな?

この男性からすれば、『こんなに頑張って来たのに、オレを捨てるのか!』って感じなんでしょうかね。

こんな感覚のサラリーマンって、多いのかな?

僕からすれば、『当たり前!』って感じなんですがね。

だって、年収は、若い社員より何倍ももらっています。

しかも、働きは、若い社員よりも悪いわけです。

その辺りを、自覚してないから、こんな感覚になるんでしょうかね?

逆に、『よくぞ、ここまで雇ってくださいました!』って思った方が良いと思うんですが。

会社に依存しすぎ

そして、人生すべてが、『会社』だったですかね?

会社に行くこと。

会社で仕事すること。

会社の同僚と会うこと・話すこと。

すべてが、会社を通じて、成り立っていたのかもしれません。

その会社がなくなる・・・

そう思うと、『オレは、この先どうしたらいいのか?』ってなるのかもしれません。

そうすると、怒りの矛先は、会社に向かうんでしょうか。

自分の生き方

サラリーマンは、いつか、退職するんです。

ずっと、会社にいることは出来ません。

ってことは、退職後の生活や生き方を考えておかないといけません。

そうすれば、いつリストラされても大丈夫です。

ちょっとだけ、退職時期が早まっただけですからね。

この方の場合は、1500万円~2500万円も退職金が増えるわけです。

すぐに、お金に困ることもありません。

怒るどころか、感謝しないといけませんよね。


最後に

今後は、こんなことが多くなるんでしょう。

終身雇用は無くなるみたいですからね。

大企業では、『サラリーマン45歳定年』なんてことになるかもしれません。

その為にも、事前の準備はしておかないといけません。

お金のことは当然ですが、退職したら、自分はどんな生き方をするのか?

何をしたいのか?

どうありたいのか?

これを考えておかないといけません。

『雇われない生き方』って、今後、大事になるかもしれませんね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。