年収1000万円なのに生活がしんどい?それは、すべて錯覚のせいです。

 

こんにちは。たかです。

今日も、ネットでウロウロと記事を読んでおりました。

そしたら、こんなものを見つけました。

『日本人の中で年収1000万の生活が一番しんどい理由…50代フリーランス女子の働き方』です。

年収1000万円の生活が、一番しんどい?

かなり、寝ぼけたことを書いてますね・・・

年収1000万円って、手取りで800万円くらいはあるでしょう。

月平均にすれば、約65万円くらいです。

では、なぜ、生活が苦しくなるのか?

もう、みなさんもお気づきですよね。

住宅費が高い

年収1000万円になると、きっと、お金持ちになった気分になるんでしょう。

この記事を読んでいると、住んでいるのは家賃35万円の家なんだそうです。

そりゃあ、生活苦しくなりますよね。

手取り65万円で、35万円の家賃払ったら、のこり30万円ですから。

でも、普通の生活なら、10万円以上の貯金は出来そうですがね。

ところが、年収1000万円の人は、家賃が高いだけではないみたいです。

教育費も高い

お子さんがいるご家庭では、教育費にもお金をかけているようです。

まあ、我が家も、娘にはお金がかかりましたが・・・

私立中学に行けば、年間100万円はかかります。

3年で300万円。

その他、塾に行けば、さらにお金がかかります。

そして、そのまま私立高校・私立大学に行くんでしょう。

あっという間に、1000万円くらいは、吹っ飛んでいくんじゃないですかね。

そんなに教育費にお金をかけても、どうしようもありません。

我が家の娘なんか、私立中学・高校に行ったんですが、最後は、専門学校です。

だったら、公立の中学・高校でもOKだったわけです。

なので、子供が望まないのであれば、無理に高い教育費をかけなくてもいいと思います。

すべては錯覚

年収1000万円になると、なんでも出来るような気になるんじゃないでしょうか。

高い家賃の家にも住める。

学費の高い学校にも通わせることが出来る。

外車にも乗れるし、高い外食だって出来る。

でも、よーく計算してみると、赤字になっている。

そういった家庭が多いんじゃないかな・・・

それって、すべて、年収1000万円を錯覚しているんだと思います。

月に65万円しかないわけです。

そこから、貯金をするのなら、そんなに使えるわけないんですよね。

徹底してお金を使わないフランス人から学んだ本当の贅沢

新品価格
¥1,540から
(2020/6/27 12:46時点)

最後に

ちょっと、ひがみ根性で書いてしまいました・・・

我が家は、共働きでも、年収1000万円には全然届きませんでした。

でも、そんなに生活が苦しいとは思いませんでしたがね・・・

娘が私立に行かなかったら、もっと、楽だったと思います。

お金を使う生活は、どんどんエスカレートしていきます。

もっと、良いもの。

もっと、高いもの。

人間の欲は、キリがありません。

ですから、最初から質素に生活する。

そうすれば、欲は出てきません。

お金を使わずとも、楽しく生きることは出来ます。

そこに、欲を出すべきだと思うんですがね・・・

年収1000万円あれば、僕だったら、アーリーリタイアを目指すかな・・・

そして、自由な時間の中で、やりたいことをやりつくすかも。

その生き方の方が、贅沢かもしれませんね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。