年収600万円。3400万円の借り入れで住宅購入しても大丈夫か?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を目にしました。

『41歳シングル貯金500万円。3000万円の住宅ローンを組んでしまいました』です。

3000万円の住宅ローンを組んだということは、3000万円の借金をしたのと同じようなものです。

そう考えると、大変そうですよね。

まあ、シングルなので、子供の学費や生活費がかからない分、なんとかなるかもしれませんが。

では、この先、ローン返済できるかどうか、考えてみたいと思います。

登場する方は?

41歳の独身女性です。

月の収入は36万円、ボーナスは年間で60万円あるそうです。

年収にすれば、約600万円くらいになるでしょうか。

現在の貯金は、約500万円ほどお持ちのようです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・家賃:6万5000円

・車両費:1万5000円

・食費:4万円

・光熱費:1万円

・通信費:1万円

・趣味娯楽:6万6000円

・ペット費:5万円

・雑費:2万円

・保険料:3000円

合計すると、約28万円になります。

住宅ローンについて

この女性が組んだ住宅ローンは、こんな感じです。

・借入金額:3400万円

・返済期間:34年

・金利:1.2%

・毎月の返済額:10万2000円

 

現在の家賃は6万5000円ですから、住居費は3万7000円アップすることになります。

すると、月の生活費は、28万円+3万7000円=約32万円くらいになります。

さて、この女性は、住宅ローンを完済し、老後資金を貯めることは出来るんでしょうか?

計算してみたいと思います。

60歳まで働いたら?

仮に、60歳まで働いたとします。

現在41歳ですから、あと19年働くことが出来ます。

月の収入は36万円、生活費は32万円ですから、36万円ー32万円=4万円を貯金することが出来ます。

年間では、4万円×12か月=48万円を貯めることが出来ます。

さらに、ボーナスからは、30万円ほど貯金をしています。

ってことは、48万円+30万円=78万円を貯金することが出来るわけです。

これを19年継続すれば、78万円×19年=約1500万円を貯めることが出来ます。

今持っている500万円を合わせれば、1500万円+500万円=2000万円になります。

これが、60歳時点の貯金額ってことです。

60歳以降はどうなる?

60歳から65歳までの5年間は、貯金を切り崩して生活します。

月の生活費は32万円ですから、32万円×12か月×5年=1920万円が必要になります。

60歳時点の貯金は約2000万円ですから、なんとか足りそうです。

ですが、65歳以降は、貯金はほぼゼロ。

ん・・・

60歳で仕事を辞めることは出来そうにないですね・・・

65歳まで働くと?

では、65歳まで働いたらどうなるでしょうか?

現在41歳ですから、あと24年働くことになります。

働いている間は、年間で78万円を貯金できます。

なので、78万円×24年=1872万円を貯めることが出来るわけです。

さらに、今の貯金500万円を合わせれば、1872万円+500万円=約2400万円を貯金することが出来ます。

これが、65歳時点での貯金額になるわけです。

ん~、5年間働くと、ずいぶん、貯金額が変わりますね・・・

65歳以降は年金生活

残念ながら、この女性の年金額は分かりません。

なので、ここでは、月に15万円受給できると仮定します。

住宅ローンを完済できるのは、75歳の時です。

ってことは、65歳から75歳まで、月の生活費は32万円かかることになります。

年金は15万円ですから、32万円-15万円=17万円を毎月、貯金から切り崩すことになります。

年間では、17万円×12か月=204万円です。

これが10年間続くわけですから、204万円×10年=2040万円が必要になります。

65歳時点の貯金額は約2400万円ですから、2400万円ー2040万円=360万円が手元に残ることになります。

75歳時点の貯金額が、360万円・・・

ん~、ちょっと、心細いかもですね。

最後に

かなり、ザックリとした計算をしてみました。

もう少し、生活費を抑えれば、なんとかなるかもしれません。

ですが、家のメンテナンス費なども考えれば、かなりギリギリかもしれませんね。

独身なら、3400万円もかけて、家を買う必要はないと思うんですが・・・

みなさんは、どう思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。