年金の受給制度を理解すると繰り下げ受給を選択するのか?理解度による?

 

こんにちは。たかです。

年金問題も、参議院選挙の争点になっているみたいですね。

選挙前に、金融庁から『老後2000万円不足問題』が報告されましたから、仕方がないかもしれません。

ですが、いい方法はあるんでしょうかね?

山本太郎さんが言ってるくらい、過激な事をやれば、変わるかもしれませんが、副作用がどのくらい出るのかも不安になります。

さて、今日は、こんな記事を目にしました。

『若い世代の4割は「年金繰り下げ増額」を選ぶ』です。

『流石、今の若者は考え方が違うのかな?』なんて思いながら、読んでいました。

どんな内容だったか?

アンケート調査

『週刊東洋経済』が、20~64歳の男女1089人を対象に実施したアンケート調査です。

内容は、『あなたは何歳で公的年金の受給開始を考えていますか』といったものです。

みなさんなら、どう答えますか?

結果は、こんな感じです。

65歳と答えた人は全体の68.4%、66歳以上への繰り下げを考えている人は11.7%、60~64歳への繰り上げを考えている人は17.2%だったようです。

ほとんどの方は、65歳からもらいたいってことですね。

そして、繰り下げしたいって人は、少なかったようです。

僕も、65歳からもらいたいですね。

まあ、僕が年金をもらえるのは、おそらく70歳とかになっていると思いますが・・・

このアンケートには、続きがあります。

それは、繰り上げ・繰り下げの受給制度を説明して、その後改めて希望する受給開始年齢を聞いているんです。

その結果は?

繰り下げ受給を選択する?

なんと、繰り下げを選択する人が急増しています。

制度説明前の繰り下げ選択率は11.7%でしたが、説明後は27.2%に増えています。

ん~、どんな説明したんですかね?

詳細は書かれてないんですが、おそらく、『繰り下げは1カ月遅らせるごとに年金が0.7%増額され、最大70歳の受給開始で42%アップする!』としか、説明してないんじゃないでしょうかね?

これだけ聞かされれば、年金額が増える方を選択しますよね。

まあ、このブログをご覧の方は、ご存じのとおり、『繰り下げ受給』って、そんなに美味しい話ばかりではありませんよね。

加給年金がもらえない

老齢厚生年金がもらえる資格ができたときに、妻子が居ると、年金額が増える仕組みがあります。

これを、『加給年金』と言うんだそうです。

条件として、『配偶者は65歳未満であること』となっています。

僕の場合、妻が3歳年下ですので、3年間は『加給年金』をもらう事が出来ます。

その額、年間389,800円なんだそうです。

月になおせば、32,483円です。

大きいですよね~。

ですが、もし、繰り下げ受給すると『加給年金』はもらえなくなります。

税金はいくらになるのか?

当然、受給額が増えると、それにかかる税金が多くなります。

そうなれば、70歳に繰り下げしたとしても、実際の手取りでは、42%増えたことにはならないわけです。

僕の計算では、実質34%しか増えていませんでした。

そうなると、65歳から受給した場合と同じ額を頂くには、約15年くらいかかります。

要するに、85歳まで生きないと、損をするという事になります。

まあ、『損をする』という言い方は、正確な表現ではありませんが・・・

最後に

年金は、老後の生活を支えてくれるものです。

ですので、支えが必要ない方は、繰り下げがいいでしょうし、すぐにでも必要な方は、繰り上げ受給をするのがいいんじゃないでしょうかね?

僕が65歳になるまで、あと15年あります。

その頃には、支給開始年齢は、70歳になっている事でしょうね。

ちょうど、僕の貯金が底をつく頃です。

もし仮に、支給開始年齢が75歳なんかになれば、生活保護になってしまいます。

そうならないように、少しでも自力で稼げるようになりたいものです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。