サラリーマンの老後の不安って何だろう?

こんにちは。たかです。

このブログを見ていただいてる方は、サラリーマンの方が多いんではないかと思います。

だって、早期退職のブログですからね。

ところで、みなさんの退職後の不安ってなんですか?

まあ、定年退職まで働けば、悠々自適って方もいらっしゃるでしょう。

ですが、多くの方は、お金じゃないかな?と思うんですが、いかがですか?

では、その次は何でしょうか?

昨日、資産運用会社が出した、アンケート調査を見つけましたので、感想なんかを書いてみたいと思います。

サラリーマン1万人にアンケート調査

1万人にアンケートってすごいですね。ある程度、傾向は分かると思います。

しかし、年齢や性別、仕事内容などで解析されてませんので、ちょっと残念ですね。

では、内容をご紹介します。

第1位 お金の心配

やはり、お金の心配が1位でした。

割合としては、約50%以上の方が、心配だと答えています。

では、お金に関して、どんなことが心配かというと、『退職後の生活費が足りなくなる事』だったようです。

十分なお金を貯めこむことが出来る方は、ほんとに少ないってことですね。

政府も、このあたりを何とかして、老後は少ない貯金でも生活できるようにすれば、景気も良くなると思うんですが・・・

AIが何でもやってくれれば、必要なお金も少なくて済むんじゃないですかね?

なんせ、人件費がかかりませんから。

その分、人間は遊びまわる。こんな時代が来たらうれしい・・・

こんな勝手な意見を持つのは、僕だけでしょうか?

第2位 自分の健康

ん~、そうですよね。

退職して、『遊びまわるぞ!』って思った時に病気だったら、どうしようもないですからね。

でも、この裏側には、お金の心配も連動してるんじゃないかと思います。

病気になれば、医療費がかかりますよね。そうなれば、予想外のお金が飛んでいくことになる。

そうなると、使えるお金が少なくなる。あるいは、足りなくなるって事にもなりかねません。

お金のかかる病気って、『生活習慣病』ってやつじゃないでしょうか?

糖尿病とか高血圧とかで、ずっと薬を飲まないといけない。

薬代が、大きな負担になってくると思います。

最近は、ジャネリックが多くなってるそうですが、それでも勿体ない出費ですね。

ですが、日々の生活態度に気を付ければ、『生活習慣病』の予防は出来るんじゃないかと思うんです。

どうしようもないのが、『ガン』ですね。

今や、2人に1人はガンになるんだそうです。

ガンのならなかったら、ラッキーって感じですよね。

もし、ガンになってしまったら、高額な医療費がかかります。

今は、副作用を出来るだけ減らしたお薬が主流になっているようです。これが、高いみたいですね。

何千万も治療費にかかるそうです。

こうなると、お金は無くなるし、自由は無くなるしでダブルパンチです。

まあ、80歳くらいでガンになるんであれば、諦めもつきますが、60代でなると落ち込みますよね。

せっかく、これから楽しい時間が待っているのに・・・って感じです。

なんで、僕でも、60代だったら治療します。でも、70代後半だったら、治療しないかもしれません・・・

ガン治療はお金がかかりますが、日本には『高額療養費制度』っていうのがあります。

ある一定額以上は、払わなくていいってものです。

所得が低ければ低いほど、支払額は少なくなります。

ですんで、ガン治療に関しては、そこまで気にすることはないと思います。

注意すべきは、『生活習慣病』だと、僕は思います。

最後に

ダラダラと書いてしました・・・

僕は、早期退職した後、健康診断は受けないことにしています。

生活習慣病には、ならないように運動や食事に気を付けていきます。

そして、体が絶不調のなったら、病院へ行こうと思います。

おそらく、その時はガンでしょう。

そして、既に手遅れ状態。余命数か月・・・

あとは、死を待つのみです。

おそらく、これが、一番家族に迷惑をかけない死だと思っています。

娘に、これを伝えたところ、『それがいいんじゃない!』って、寂しい返答でした・・・

育て方を間違えた・・・

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

100年人生の生き方死に方 [ 久恒啓一 ]

価格:1,512円
(2018/8/25 09:02時点)