僕は『無気力症(アパシー)』なのかもしれない。解決策はあるのか?

 

こんにちは。たかです。

最近、なにもやる気が起きません。

昨日も、やる気がなくって、仕事も途中でやめて帰りました。

飲みには行ったんですがね・・・

若い時から、やる気が出ないってことは、良くありました。

ですが、数日経てば、また、もとに戻っていたんですが、今は、一向にやる気が出てきません。

年のせいなのかもしれませんが、やる気が出ないって、生きていて、あまり良くない事ですね。

おもしろくありません。

でも、なんで、こんな風になったんでしょうか?

ちょっと、調べてみました。

ストレスからの回避行動

この10月から、部署を移動して、仕事内容も変わりました。

お客さんも、新しくなりましたし、売り上げも、すぐに求められるようになりました。

ですが、そんなに早く結果が出るわけありません。

分かってはいるんですが、気持ちのどこかで、焦っているのは間違いありません。

ストレスがかかっているんでしょう。

右耳が聞こえなくなったのも、ストレスが原因だと、医師から言われました。

この、目に見えないストレスからの逃避行動が、『無気力』として出てきているようです。

新入社員の5月病と同じなんでしょう。

継続するとどうなる?

体にとっても、この『無気力』って、あまり好ましくないみたいです。

ずっと、続くと、うつ病になるようですし、脳梗塞とか糖尿病なんかにも、なるようですね。

『無気力』って、ほんとに怖いですね。

『無気力』って、自分の心の持ち方なんだけど、なかなか、コントロールすることが出来ない。

無理やり、『がんばるぞ~』なんて、言ってみても、全く改善しませんからね・・・

じゃあ、どうするか?

なにか、いい方法は無いのか?

調べてみました。

非日常を体験する

ある種、『無気力』って、脳が疲れている状況でもあるようです。

ストレスにさらされて、脳が疲れ切っている。

だから、脳を休めせてあげるのが、いいみたいです。

だからと言って、家でゴロゴロしていても、脳は休んでないみたいです。

要は、いつも使っていない部分の脳を使ってみる。

そして、いつも使っている脳には、休んでもらう。

これが、いいみたいです。

具体的には、いつもやらないことをやる。

たとえば、僕だったら、料理をするとか、運動をするとか・・・

まあ、これをやろうとするにも、『やる気』が必要なんですがね・・・

最後に

年を取ると、ホルモンのバランスも変わるので、やる気がでなかったりも、するようです。

これは、仕方のないことかもしれませんね。

ですが、出来るだけ、面白く生きていきたいですから、ストレスがかかっているときは、早めに対処が必要だと思いました。

うつ病になってからでは、回復するのに、大変な時間がかかると思います。

症状が、軽いうちに、対処していく。

無理をしない。

出来るだけ、時間をとって、脳を休めせてあげる時間を作っていきたいと思います。

退職したら、時間も出来ますし、やりたいことをやっていきたいと思います。

きっと、無気力から、脱出できるでしょう。

ブログを書くことだけは、やる気がわくんですよね。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

無気力なのにはワケがある 心理学が導く克服のヒント (NHK出版新書) [ 大芦治 ]

価格:799円
(2018/11/22 18:16時点)