公的年金をあてにしない人って、そんなに自信があるんだろうか?僕は無理。

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『年金はあてにしない!?大手上場企業に勤務する20代社員の8割以上が「老後2000万円問題に不安」』です。

あるメディアが、上場企業勤続3年目以上の20代男女に対して『老後に関する意識調査』を行っています。

その結果、8割の若手社員が『日本の年金をあてにしていない!』と回答したそうです。

たしかに・・・

そうかもしれませんね。

今20代の若者が年金をもらう時って、どうなっているか分かりませんよね。

だったら、何か対策をやっているんでしょうか?

年金2000万円問題

この調査では、さらに、こんな質問もしています。

『2000万円貯める自信がありますか?』って。

年金支給のある現在でも、年金以外に、2000万円が必要だと言われていますからね。

僕は、そうは思いませんが・・・

ところが、この問いに関しては、64%の人が『自信ない』と回答しているようです。

しかも、全体の半数は『不安に思いながらも何もやっていない』らしい。

これだけ情報があるのに、何もやっていないのは、どうしてなんでしょうね。

不思議な感じがします。

年金なしで生きられるのか?

仮に、65歳から90歳まで、年間250万円で生活したとします。

すると、250万円×25年=6250万円必要になります。

これが、老後資金になるわけです。

もし、公的年金が無かったら、この金額を、すべて自分で準備しないといけません。

出来るんでしょうか?

ちなみに、現在の50代の平均貯蓄額は約1200万円、60代だと約1500万円らしいです。

全然、出来てませんね・・・

現在のサラリーマンの生涯年収は、約2億円と言われています。

もし、老後に6000万円を残そうとすれば、現役時代に使えるお金は、2億円ー6000万円=1億4000万円ってことになります。

年間では、1億4000万円÷43年=約330万円です。

ってことは、月に使えるお金は、約27万円くらいです。

独身あるいは夫婦2人だけならば、何とかなるかもしれません。

ですが、子供が出来れば、かなり、きびしいかもしれませんね・・・

国の支援は必要

老後の生活費に関しては、なんらか、国からの支援は必要になると思います。

もし、公的年金がゼロになったら、ほとんどの国民は、死んでしまうことでしょう。

もし、『年金はもらえない!』って思うのなら、若いうちから貯金や投資をやるしかないですね。

6000万円を貯めるなら、どうしたらいいか?

毎年70万円を利回り3%で運用すれば、65歳時点で約6000万円を貯めることが出来そうです。

若いうちから、このくらいはやらないといけないってことですかね。

年金に頼らない生き方: 60歳から20年、月10万円稼ぐ方法 (PHP新書 885)

新品価格
¥8,987から
(2020/4/9 10:13時点)

最後に

いかがでしょうか?

『年金はあてにできないけど、何をやったらいいか分からない』って人は、年間70万円分、利回り3%の株でも買ってみたらどうでしょうか?

ただし、責任は負えませんが・・・

でも、こんなこと出来る人って、そんなにいませんよね。

だって、年間70万円って、月にすれば約6万円です。

毎月6万円も株を買える人って、そんなにいないと思うんですよね・・・

まあ、上場企業にお勤めの方は、余裕で出来るかもしれませんが。

あ~、僕も、若いうちから投資でもやっておけばよかったな・・・

ちょっとだけ、後悔しております。

そしたら、今頃、もう少し、楽な生活が出来たかもしれませんね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。