早期退職して資産は減る一方。辞めたことを後悔している。ホントか?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を目にしました。

『54歳無職、公務員を早期リタイアし後悔、貯金に不安が』です。

早期退職して、予想以上にお金が出て行ってしまったんでしょうか?

退職前の計画が狂ってしまうと、焦りますよね。

だって、54歳で再就職するなんて、難しいでしょうから。

こうなってしまうと、仕事を辞めたことを大後悔するかもですね。

さて、どんなご家庭なんでしょうか?

登場する方は?

旦那さん54歳、奥さま53歳、会社員と大学生のお子さんがいらっしゃいます。

大学生のお子さんは、あと2年、学費が必要なようです。

月の収入は、奥さまが35万円、ボーナスは年間で130万円あるんだそうです。

旦那さんは、早期退職をして、現在無職のようです。

ですが、奥さまだけでも、年収650万円はありますよね。

貯金は、投資も含めれば、約7000万円お持ちのようです。

あれ?

かなりの資産があるようですね。

しかも、公的年金は、旦那さんが年間で170万円、奥さまが220万円の予定なんだそうです。

ん?

これだけあれば、かなり余裕じゃないのかな?

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・車両費:4万4000円

・食費:10万円

・光熱費:3万6000円

・通信費:3万円

・趣味娯楽:1万円

・教育費:10万円

・仕送り:11万1000円

・雑費:3万円

・社会保険料:4万円

合計すると、約50万円になります。

月の収入は35万円ですから、50万円ー35万円=15万円の赤字になります。

年間では、15万円×12か月=180万円の赤字になります。

そして、ボーナスから40万円補填しているそうです。

ってことは、180万円-40万円=140万円が赤字になるわけですね。

大学卒業まで

この赤字の原因は、お子さんの学費と仕送りです。

ですが、あと2年で、お子さんは大学を卒業されます。

なので、トータルの赤字額は、140万円×2年=280万円ってことになります。

現在の貯金額は約7000万円ですから、お子さんが大学を卒業した時には、7000万円-280万円=6720万円が残るわけです。

この時、旦那さんは56歳、奥さまは55歳です。

仮に、この時点で、奥さまが仕事を辞めたとします。

すると、どうなるでしょうか?

夫婦2人の生活費

子供さんが大学を卒業すれば、学費や仕送りが必要なくなります。

その額、約21万円です。

すると、夫婦2人の月の生活費は、50万円ー21万円=29万円ってことになります。

年金受給する65歳まで、あと9年ほどあります。

この間は、貯金を切り崩して生活します。

月の生活費は29万円ですから、29万円×12か月×9年=約3200万円が必要になります。

これを貯金から出すとしたら、6720万円ー3200万円=3520万円が手元に残ります。

65歳からは、年金で生活します。

ご夫婦の年金額を合わせると、170万円(旦那さん)+220万円(奥さま)=390万円です。

月平均では、約32万円を受給することが出来ます。

月の生活費は29万円ですから、年金だけで生活することが出来そうです。

ってことは、貯金は使わないかもしれませんね・・・

最後に

現在、お子さんの学費や仕送りのために、貯金を切り崩しているんだと思います。

それに対して、不安を感じていたんじゃないでしょうか?

ちゃんと計算してみると、こんなに余裕のご家庭も珍しいんじゃないですかね。

無理して働くことも無いと思います。

もしかしたら、この旦那さんは、ライフプランを立てずに仕事をやめてしまったのかも・・・・

だから、不安に思っていたのかもですね。

もし、アーリーリタイアするのであれば、ちゃんとライフプランを立ててから辞めたほうがいいと思います。

そうすれば、お金に対する不安が和らぎますからね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました