30歳で手取り15万円。このままでは老後は危ない。対策はどうする?

 

こんにちは。たかです。

日本って、ホントに所得が全体的に低いですよね。

会社が貯えすぎなのか?

それとも、株主に還元しすぎなのか?

あるいは、儲かっていないのかも・・・

いろいろと問題はありそうです。

さて、今日、こんな記事を見ました。

『手取り収入15万円の30歳正社員。老後が不安です』です。

月の収入が15万円だと、かなり厳しいでしょうね。

老後のことが不安になる気持ちも、よく分かります。

では、この先、どうしたらいいでしょうかね?

登場する方は?

30歳の独身女性です。

月の収入は15万5000円、ボーナスは年間で12万円なんだそうです。

年収にすれば、約250万円くらいですかね・・・

これでは、生活は苦しいでしょう。

ちなみに、貯金は55万円お持ちのようです。

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・家賃:3万3000円

・食費:1万5000円

・光熱費:1万円

・通信費:1万円

・趣味娯楽:2万円

・雑費:1万5000円

・国民健康保険:1万5250円

・国民年金:7630円

・住民税:7500円

合計すると、約13万5000円くらいになります。

月の収入は15万5000円ですから、15万5000円ー13万5000円=2万円を貯金することが出来ます。

年間では、2万円×12か月=24万円ってことになります。

仮に、ボーナスを全額貯金するとすれば、24万円+12万円=36万円を貯金することが出来ます。

この年収で貯金が出来るなんて、すごいですね・・・

65歳まで働いたら?

仮に、このまま65歳まで働いたら、どうなるでしょうか?

現在30歳ですから、あと35年あります。

すると、貯金は、36万円×35年=1260万円になります。

現在の貯金55万円を合わせれば、1260万円+55万円=約1300万円になります。

年金は、かなり少ないでしょうね。

もし、月に5万円もらえるとしても、月の生活費は13万5000円ですから、8万5000円の赤字です。

年間の赤字額は、8万5000円×12か月=102万円になります。

これを貯金から補填すると、1300万円÷102万円=約12年で底をついてしまいます。

ってことは、65歳+12年=77歳には、お金が無くなってしまうわけです。

今のままでは、かなり危険ですね・・・

転職する

みなさんも同じ意見だと思いますが、30歳の若さですから、転職したほうがいいですよね。

今の会社は、『社会保険』がありません。

なので、もし、この会社を辞めても、失業保険も出ないわけです。

サラリーマンの利点を生かすことが出来ていませんよね。

同じ収入の会社であれば、社会保険のある会社に転職したほうがお得だと思います。

お金に働いてもらう

もし、このままいくのであれば、投資をするしかありません。

ジッとしていたら、確実に老後のお金に困ります。

仮に、月3万円を35年間、利回り3%で運用してみます。

すると、65歳になった時の資産は、約2200万円になります。

この2200万円を利回り3%で運用しながら、30年で取り崩していくと、毎月9万円ほど手にすることが出来ます。

年金も合わせれば、なんとか生活出来るんじゃないでしょうか?

30年で取り崩していきますので、95歳までは貯金が底をつくことはありません。

ある程度リスクを取って、投資をするしか方法はないかもしれませんね・・・

最後に

30歳くらいになれば、少しは老後のことも考えたほうがいいですね。

年収が高い方は、リスクの低い投資にすればいいと思います。

ですが、年収が低い場合は、ある程度のリスクは仕方ないかもです。

もっと、日本経済が元気になれば、若い人たちも、楽になれると思うんですがね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。