50歳で6000万円もあれば余裕でリタイアできる。使い切れないんじゃないか?

 

こんにちは。たかです。

みなさんは、老後のために、いくら貯めますか?

国は、65歳時点で2000万円は必要だと言っています。

でも、生活レベルが高い人は、2000万円では足りないかもしれません。

逆に、僕みたいにお金を使わない人は、2000万円もいらないかも。

なので、老後に必要なお金は、人それぞれってことになるんでしょうかね。

今日、こんな記事を見ました。

『50歳で独身、派遣勤務。貯金は5900万円ありますが、老後が不安です』です。

50歳で貯金が約6000万円あるようです。

どうやって、貯めたんですかね・・・

そこで今日は、『もしこの女性が、今すぐアーリーリタイアしたら、6000万円で生きていくことが出来るのか?』を考えてみました。

たぶん、大丈夫だと思いますがね。

登場する方は?

50歳の独身女性です。

現在、築40年の戸建てに住んでいるようです。

なので、リフォームなどにお金がかかるかもしれませんね。

貯金は、5900万円お持ちのようです。

すべて、定期預金のようです。

ん・・・ちょっと、もったいないような。

そして、公的年金は、月に9万円受給できるそうです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・車両費:6000円

・食費:4万円

・外食費:8000円

・光熱費:1万1000円

・通信費:1万3000円

・趣味娯楽:1万7000円

・書籍代:3000円

・雑費:2万3000円

・保険料:9000円

合計すると、約13万円になります。

年間では、13万円×12か月=156万円になります。

やはり、持ち家があると、生活費を抑えることが出来ますね。

65歳まで貯金で生活

現在50歳ですので、65歳までの15年間は、貯金を切り崩して生活します。

年間の生活費は156万円ですから、156万円×15年=2340万円が必要になります。

すると、65歳時点の貯金額は、5900万円ー2340万円=3560万円ってことになります。

国が言っている『老後2000万円必要!』を楽々クリアしていますね。

65歳以降は年金生活

65歳以降は、公的年金を受給しながら生活します。

公的年金は月に9万円ですから、不足する生活費は、13万円-9万円=4万円ってことになります。

年間の不足額は、4万円×12か月=48万円になります。

これを貯金から切り崩していくと、3560万円÷48万円=約74年で底をついてしまいます。

まあ、かなり余裕ですね。

仮に、1000万円をリフォーム代としても、2560万円は生活費として使えます。

すると、2560万円÷48万円=約53年間で貯金がゼロになります。

これでも、まだまだ、余裕がありますね。

最後に

この女性は、老後のお金が不安なので、あと10年は働くそうです。

すごいですね・・・

しかも、体調があまり良くないみたいなのに。

僕なら、サッサと仕事なんか辞めて、好き勝手にしますね。

もし、老後のお金に不安があるのなら、投資でもしますかね。

銀行に置いておくよりも、安全じゃないかと思います。

この先インフレになれば、銀行に置いておいても、実質目減りするだけですから。

こんな方って、世の中に、たくさんいるのかな・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました