50歳で年収250万円。貯金100万円でマンションを購入できるか?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『50歳、貯金100万円。老後用にマンションを買いたい』です。

どうやら、老後のためにマンションを購入して、ペットと一緒に生活をしたいようです。

50歳にもなると、老後のことが気になりますからね・・・

そのお気持ち、何となく分かるような気がします。

ですが・・・

貯金100万円で家を買うって、ちょっと無謀なような気もするんですがね。

では、どんなご家庭なのか、書いてみたいと思います。

登場するご家庭は?

50歳の独身女性です。

現在、離婚されており、成人したお子さんと一緒に生活しているようです。

月の収入は17万円、ボーナスはありません。

なので、年収にすると約250万円くらいになるんでしょうか。

貯金は約100万円お持ちのようです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・家賃:5万6000円

・車両費:6000円

・食費:3万円

・光熱費:1万4000円

・通信費:1万3000円

・趣味娯楽:3000円

・こづかい:5000円

・雑費:2万円

・保険料:3000円

合計すると、15万円になります。

月の収入は17万円ですから、17万円ー15万円=2万円を貯金することが出来ます。

年間では、2万円×12か月=24万円を貯めることが出来るわけです。

さて、この状況で家を購入することが出来るでしょうか?

ちょっと、考えてみます。

家賃をローン返済にあてる

現在、月に5万6000円を家賃として支払っています。

これをローン返済にあてるとします。

そしたら、いくら借入れできるのか?

単純に、月の返済額5万6000円、金利1%、返済期間20年とします。

すると・・・

借入可能金額は、約1200万円になります。

ん・・・家を買うにはちょっと足りないかもしれませんが、なんとかなるかもしれません。

ですが、問題は返済期間です。

70歳まで働く?

ローンの返済期間が20年ってことは、この女性は70歳まで働かないといけません。

しかも、月に17万円以上は稼がないといけないわけです。

そんなこと出来ますかね?

僕は、ちょっと自信ありません。

もし、途中で解雇されたりしたら、大変なことになります。

再就職も無いでしょうし、アルバイトではローン返済は出来ません。

かなり、綱渡り状態の人生になりそうですね。

もっと大きな問題が・・・

この女性は自分の家が欲しいんでしょうが、もっと大きな問題があります。

それは、『老後資金がない』ってことです。

あと15年、このままの生活をやっていっても、24万円×15年=360万円しか貯金できません。

今持っている100万円を合わせても、460万円しかないわけです。

年金の範囲内で生活出来ればいいですが、それも厳しいと思います。

ってことは、家を買っている場合じゃないってことです。

もっと収入を上げるか、支出を減らすかして、貯金額をUPさせないといけません。

でないと、老後破産になるかもしれませんね。

最後に

もし、国が老後の生活を保障してくれたら、この女性だって不安はなくなるんですがね・・・

ですが、それは無理でしょう。

ってことは、ある程度のお金は貯めておかないといけないわけです。

でも、老後の生活費を圧迫するのは、住居費だと思います。

持ち家があれば、生活費はそれほどかからないと思います。

この女性だって、住宅費を除けば、月の生活費は10万円くらいです。

なので、老後は我が家のようなボロ家でもいいので、タダで住める家を確保しておくことが重要かもしれません。

では、いつ、その家を買うか?

その判断が、なかなか難しいですよね・・・

この女性は、ちょっと、そのタイミングを逸したかもしれません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。