アーリーリタイアしたら注意すること。対策はどうしたらいいのか?

 

こんにちは。たかです。

先日、知り合いの方から、こんな話を聞きました。

知り合いのお兄さんのことです。

このお兄さんは、ある事務機器メーカーにお勤めだったんですが、50歳の時に、早期退職制度を活用して、アーリーリタイアされたそうです。

独身であったため、貯金と退職金で、生活できるくらいの資産があったようなんです。

FXなどをやりながら、生活されていたようですが、退職して5年後に、亡くなってしまったそうです。

なぜ、そんなことになってしまったのか?

その原因は・・・

お酒の飲みすぎ

元々、お酒が好きで、肝臓が悪かったらしいです。

ですが、仕事をしていた時は、ほどほどにしていたみたい。

ところが、仕事を辞めてしまってからは、昼間からお酒を飲むようになったようなんです。

まあ、平日の昼間からお酒を飲めるのは、アーリーリタイア者の特権ですよね。

サラリーマンをやっている時は、そんなこと出来ませんから・・・

でも、なぜ、昼間から、お酒を飲み始めたんでしょうね。

やることがない!

お酒を飲み始めて、さらに、肝臓が悪くなり、家族もかなり注意したんだそうです。

ですが、『やることがない。飲むことくらいしか、やることがない・・・』といって、お酒をやめなかったんだそうです。

そして、ある日のこと・・・

電話がつながらない。

LINEを送っても、既読にならない。

『これは、おかしい!』ってことになって、家を見に行ったら、ベッドの中で亡くなっていたそうです。

死後、2週間がたっていたんだそうです。

いわゆる、『孤独死』ですよね。

知り合いの方は、こう言っていました。

『あの時、会社を辞めなかったら良かったのかも』

『会社を辞めてからも、なにか、やることがあれば良かったのかも』って。

やることはあったほうがいい

退職して、なにもやることがなかったら・・・

僕も、昼間っから、お酒を飲んでいたかもしれませんね。

なので、何でもいいので、退職後にやることがあった方がいいと思います。

図書館で本を読むのでもいいし、ジムに通うのでもいいし、何か、日課になるようなものがあればいいですね。

これは、アーリーリタイアに限ったことではありません。

定年退職後も、同じことだと思います。

ですが、会社を辞めてから、『さて、なにしようかな?』では、ちょっと、遅いような気がします。

在職中から、やることを持っておいた方がいいような気がしますね。

昼間のお酒は控えめに

ですが、昼間っから、お酒を飲むって最高ですよね。

そのあと、お昼寝して、お風呂に入って・・・

もう、極楽の世界です。

昼間でなくても、17時くらいからビールを飲むなんて、アーリーリアイアの夢でもあります。

ですので、絶対にダメだとは思いません。

ただ、それが、日常化するのは良くないんじゃないでしょうかね。

さらば! サラリーマン 脱サラ40人の成功例 (文春新書)

新品価格
¥935から
(2019/12/1 10:26時点)

最後に

僕の場合、やることと言えば、『ブログを書くこと』くらいです。

ですが、ネタを探したりしていると、結構、時間がかかるんですよね。

当然、書くのにも時間かかりますし。

いい暇つぶしになっています。

そして、数千円でも収入があれば、やる気も出てきます。

ハッキリ言って、時間と労力の割には、全然、お金になりませんけどね・・・

まあ、飽きるまでやってみたいと思います。

もし、退職が近い方は、その後の生活をシミュレーションしておいた方がいいと思いますよ。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。