感音性難聴になってから1か月と3週間。聞こえるようになったか。

 

こんにちは。たかです。

9月の中旬くらいから、右耳が聞こえなくなりました。

最初は、『なんか、耳が詰まった感じがするなぁ』くらいでした。

そのうち、だんだんと聞こえが悪くなってきました。

1週間くらい経ってから、耳鼻科に行って、治療を開始したわけです。

治療内容は、ビタミン剤と循環改善薬です。

その後に、ステロイドも服用しました。

1週間くらいは飲みましたね。

ですが、ハッキリ言って、全く効きません・・・・

詰まった感じはするし、耳鳴りは酷くなるしで、諦め状態です。

先日、耳鼻科に行ってきました。

MRI検査の結果を聞くためです。

そうなんです。

『もしかしたら、良性腫瘍かもしれないから、念のためMRI撮っておきましょう!』って言われたんです。

なんで、行って来ました。MRI検査に・・・

MRI検査って、意外と大変・・・

軽い気持ちで行って来ました。

検査自体は、全く、楽なもんです。

寝てればいいんですから。

ですが、僕には、弱点がありました。

それは・・・

『頚椎症』

僕は、この疾患を患ってまして、寝方によると、背中とか腕や手が、ビリビリとしびれるんです。

なんと、MRI検査の時の寝方が悪く、検査開始1分くらいから、ビリビリが始まりました。

『これは、マズイ・・・耐えらるか?』って感じでした。

だって、このMRI検査、30分くらい、同じ態勢なんです。

という事は、ビリビリが30分続いたわけです・・・・

しかも、『頭を動かすと、画像が乱れるので、動かしてはいけません!』と指示されてました。

もう、地獄でした。

MRIの機械の中で、汗びっしょり。

痛くて、汗が出るんです。

こんなの、初めてでした。

頭は動かせませんので、腕を動かしたり、肩を動かしたり、なんとか30分乗り越えました。

おかげで、今でも、首から背中にかけて、猛烈に痛い状況です。

さて、良性腫瘍はあったのか?

話しは、長くなりましたが、結果を教えていただきました。

結果は・・・・

『全く問題ないですね』って。

本来は、『あ~、良かった!』ってなるんですが、僕の場合は違います。

『あのね・・・僕は、めちゃくちゃ痛かったんよ!!』って、心の中で叫んでました。

この後の治療がまたまた地獄

とりあえず、良性腫瘍がなくてよかったです。

そのあと、先生から、提案がありました。

『ちょっと、鼻から空気を入れて、耳から抜けるかどうかやってみてもいい?』って。

僕には、何のためにやるのか分かりませんでしたが、OKしてみました。

そしたら・・・

鼻から空気が、『シュ~シュ~』って、入っていくんです。

むちゃくちゃ痛い。

涙ボロボロ、鼻水ズルズル、口からヨダレ。

思わず、『ウゥ~、しぇんしぇい、痛いれす・・・』て、つぶやいてしまいました。

そしたら、先生がひとこと。

『どお?耳の詰まった感じ良くなってない??』ですって。

僕は、涙をぬぐい、鼻水をふき、ヨダレをきれいにして、ハッキリとお伝えしました。

『全く、変化ありません。痛いだけです!』と。

最後に

もう、僕の右耳は、再起不能化もしれませんね・・・

悲しいですが。

ほんとに、聞き取りづらいです。

ファミレスみたいな、騒がしいところに行くと、全く、人の言ってることが聞き取れません。

『ウォ~ン、ウォ~ン』って響くんですよね。

だから、聞き取れないんです。

まあ、全く聞こえない訳じゃないから、前向きにやっていきたいと思います。

もしかしたら、突然、聞こえるようになるかもしれませんしね。

こんな時こそ、ポジティブにいきたいと思います。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

世界の耳鼻科でも使用!強力な光で遠距離まで照らすLEDペンライト

価格:3,500円
(2018/11/10 21:29時点)