定年前に持ち家は売ったほうがいいらしい。ホントか?

 

こんにちは。たかです。

現在、僕は父親が建てた家に住んでいます。

父が建てたと言っても、支払ったのは僕ら夫婦です。

ローン返済も終わり、修繕費はかかりますが、住居費がかからないのは、老後の安心材料になっています。

ところが、それを覆すような記事を目にしました。

タイトルは、『定年後では遅い!「今すぐ持ち家を手放すべき」決定的な事情』です。

えっ?

そうなの?って感じです。

もし、僕が30代なら、家を建てるかどうか悩むと思います。

だって、借金を35年も持ち続けるなんて、ちょっと想像できません。

いつ、会社をクビになるか分からない時代ですからね。

では、この記事にどんなことが書いてあったでしょうか?

広いだけの家は「宝の持ち腐れ」

この記事の中では、こう書かれています。

『ただ広いだけの家は、「宝の持ち腐れ」になるどころか、ゴミ屋敷に変貌するだけ』だと。

どういうことなのか?

子供がいるご家庭では、子供とワイワイ住める3LDKや4LDKの家を建てると思います。

子供部屋なんかも、そのうち、必要になってきますしね。

ところが、子供たちが大きくなって、家からいなくなると、使わない部屋が出てくる。

我が家でも、もし、夫婦2人だけであれば、2階の子供部屋は使わないでしょうね。

要するに、人がいなくなれば、そんな広い家は必要なくなるってことです。

年を取れば、広い家の掃除も大変になります。

掃除をしなければ、そのうち、ゴミ屋敷に変貌すると言いたいのでしょうね。

まあ、このご意見には、同感ですね。

交通の便の悪さも、気になり始める

少し広めの家を買おうとすると、どうしても郊外になるケースが多いと思います。

若いうちは、車の運転が出来ますが、そのうち、車に乗れなくなります。

そうすると、買い物や病院に行くのも、大変になるんですね。

ホントにそうですよ。

僕の母親なんか、車もバイクも乗れませんので、買い物に行くのにも一苦労です。

バスの時間に合わせて買い物に行ったり、帰りもバスの時間に合わせて帰ってくる。

相当なタイムロスが出ているみたいです。

荷物も重いですからね。大変です。

この記事では、老後の事も考えれば、スーパーや病院が近くにない場合は、特に家を売り払った方がいいと言っているようです。

なるほど、そうかもしれませんね。

では、家を売った後は、どうすればいいのか?

移住先の条件

この記事では、このように言っています。

『楽しい余生を送るためには、駅や商店街、スーパーなどから近い、1LDK程度の小さな家やマンションに住み替えるのが得策だ』って。

なるほど。

小さい家なら、掃除も楽ですし、いいですよね。

しかも、駅やスーパーなんかが近くにあれば、車なんか必要ありませんし。

ですが・・・

そんな好条件の場所って、家賃高くないですかね?

ちなみに、記事の中では、こういった場所を推奨しています。

『私のおすすめは、都内なら青物横丁や戸越銀座、北千住、などだ』って。

調べてみたら、家賃10万円以下のところって、少ないですね。(あるにはあるが・・・綺麗とは言えない)

仮に、家賃10万円の家に住み替えたとします。

そしたら、1年間で、住居費が120万円かかります。

もし、60歳から90歳まで生きたとしたら、120万円×30年=3600万円の住居費がかかるわけです。

今の家を売って、3600万円になればいいですが、足りなければ手出しになります。

老後資金が足りない中、住居費をさらに捻出するのは、大変なことじゃないですかね。

我が家を売る時も買う時も絶対損しない方法 業界の裏側を知り尽くした不動産屋のホンネ [ 金子徳公 ]

価格:1,404円
(2019/9/21 13:18時点)

最後に

僕は、こう考えます。

もし、家が広すぎるなら、使わない部屋を決めてしまう。

使わないなら、汚くてもいいでしょう。

たまに、掃除するくらいで大丈夫です。

そして、必要のないものは捨ててしまう。

そうすれば、家の中が汚くなることはありません。

交通に関しては、可能なかぎり、徒歩です。

少し離れたバス停や駅でも、歩くという事です。

健康にもいいですし。

無理できない時は、タクシーを利用します。

今後は、タクシーも減るかもしれませんが・・・

その方が、お金を使わず、生活できると思いますがね。

ということで、僕は家を売ったりはしません。

売っても、1000万円にもならないでしょうから・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。