リストラがはじまりましたね~。損保ジャパンの次は、毎日新聞みたいです。

 

こんにちは。たかです。

経団連の会長さんや大企業の社長さんが、『終身雇用は難しい・・・』と発言してから、リストラが進んできたような気がします。

数日前には、SOMPOホールディングスの国内損保事業の従業員が、削減されるといったニュースを見ました。

しかも、早期退職制度は出さず、介護の子会社などへ配置転換するという、荒業に出たわけです。

もし、自分が社員だったら、どうするだろうか・・・

そんな思いで、このニュースを見ていました。

今回は、『毎日新聞社』のリストラです。

さて、どんなリストラ策なのか?

早期退職の対象者は50歳以上60歳未満の社員

今回のリストラでは、『早期退職の募集』が行われるようです。

毎日新聞の社員数は2100人らしいですが、今回のリストラで、200人をクビきりするみたいです。

対象になる社員は、50歳以上のオジサン社員です。

なんと、毎日新聞社って、50歳代以上が社員の4割強を占め、さらに管理職が3割以上を占めるんだそうです。

ってことは、50歳以上の社員が、少なくとも840人いることになります。

そのうち、200人がクビになりますから、リストラされる確率は、20%強ってところでしょうかね。

ですが、この会社は、おっさんばっかりなんでしょうね・・・

僕が所属していた事務所が、こんな感じで、おっさんばっかりでした。

まあ、活気が無いですよ~。高齢者の集まりは・・・

しかも管理職が3割もいるってことは、人件費もかなりの負担になっていたんじゃないでしょうか?

新聞読まないよな・・・

みなさん、新聞って、家にありますか?

我が家にはありません。

だって、テレビとネットニュースで十分じゃないですか?

ある意味、地方新聞の方が読む価値あるかもしれません。

実際に、毎日新聞の部数はピーク時の1979年の426万部から、2018年は274万部に減少したんだそうです。

おそらく、今後も増えることは無いでしょうね・・・

残念ながら、新聞って、記事を書いている時は新しい情報でも、印刷して読者の手元に来たときは、既に古い情報になっているんですよね。

そのくらい、今は、ネットでの情報が早いってことだと思います。

益々増えるじゃないか?

おそらく、毎日新聞社も、人件費抑制の為に社員を削減したいけど、出来なかった・・・

ですが、冒頭書いたように、経団連の会長さんや大企業の社長さんが、『ずっとは、雇えないよ!』って言ったもんですから、だんだんとクビきりしやすい環境になってきた。

こんな感じで、他の業界でもリストラが、どんどん起こってくるんじゃないでしょうか?

そうなれば、さらに会社は利益を出すことが出来、安倍さんは『景気が良くなった!』って言うんじゃないでしょうかね。

国民は、苦しんでいるのに・・・

最後に

これからのサラリーマンは、大変です。

いつ、クビにされてもおかしくない時代になってきました。

どちらかと言えば、僕もリストラされた方ですので・・・

リストラされた時の対策は2つでしょうか?

1つ目は、『なんとかして、働いてお金を稼ぐこと』

2つ目は、『持っているお金の中で生活すること』

この2つのいずれか、あるいは両方ができれば、なんとか生きていけるんじゃないでしょうかね。

これについては、また、別の記事で書いてみたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。