米ボーイングがコロナ早期退職者を募集。日本でも行われるかも。リタイアのチャンス?

 

こんにちは。たかです。

コロナウイルスの感染拡大で、経済活動が自粛されています。

いつまで、続くんですかね・・・

帝国データバンクの調査によると、上場企業の売上損失が、累計で1兆円を超える見通しになったそうです。

特に3月の後半は、外出自粛要請が出されましたので、かなり、影響があったんだと思います。

今後、コロナの影響によるリストラが行われるんでしょうね。

アメリカのボーイングも、航空機需要低迷のため、早期退職者を募集するんだそうです。

詳細は、まだ、発表になっていないようですが。

非正規社員はあぶない

そもそも、3月って、非正規社員の方にとっては、危険な季節ですよね。

派遣切りや雇い止めをする季節です。

ですが、今回は、コロナの影響もあって、突然のクビ切りが行われているようです。

正社員のように、『早期退職募集!』なんてありません。

かなり、厳しいですね・・・

クビ切りに遭えば、あっという間に、無収入になります。

さらには、寮なんかを使っていたら、住む場所さえ、奪われてしまうかもしれません。

リーマンショックと同じことが起きるかもしれません。

国も対策を考えておかないといけませんよね。

正社員はやめる?

これから、上場企業では、株主総会が行われます。

先ほども書きましたが、上場企業の売り上げは、約1兆円落ち込んでいるわけです。

ってことは、もしかしたら、株主総会前に『早期退職募集』をする会社が出てくるかもしれませんね。

5月くらいに、『早期退職者募集中!!』なんて連絡があるかもしれません。

ちなみに、僕が勤めていた会社も、5月に早期退職募集が発令されました。

ですが、正社員の方、会社を辞めますかね?

仮に、会社をやめたとしても、その後、どうするか?

クビきりをやっている会社があるくらいですから、再就職はかなりキビしいものとなるでしょう。

そう考えると、なんとか、会社にしがみついたほうがいいのかもしれませんね。

最後に

まずは、自分の会社の業績を確認したほうがいいですね。

もし、かなり、悪化していたら・・・

そして、過去に早期退職募集をやったことがあるなら・・・

近いうちに、早期退職募集が始まるかもしれませんね。

だって、このコロナウイルスの影響って、どこまで続くか分かりません。

来年の今頃、どうなっているか?

そう考えると、今のうちから、転職活動をやった方が良いかもしれません。

あるいは、『アーリーリタイア準備』をやった方が良いかもです。

退職希望者が少なければ、もしかしたら、退職金も大幅に上乗せしてくれるかもしれませんね。

とすれば、案外、チャンスかもしれませんね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。