ブチャのできごと・・・何がホントなのか?日本の報道を信じていいの?

 

こんにちは。たかです。

ロシアとウクライナの戦争は、終わりそうにありませんね・・・

1日も早く、終わってほしいです。

しかし、戦争とは、おそろしいものですね。

そんな中、こんな報道を知りました。

『ロシア軍が撤退したウクライナの首都・キーウ近郊のブチャで、多数の市民の遺体が見つかった事件』です。

この記事では、こう書かれています。

『ブチャなど各地で、ロシア軍兵士による市民の「処刑」やレイプ、子どもの殺害などが相次いだ』

『ウクライナ検察庁は410人の遺体が確認されたと発表したほか、市内にある教会の敷地に多数の遺体が埋葬されたとも伝えられている』って。

これを知った時、僕は、こう思いました。

『ロシア軍は、なんてひどいことをするんだ!』って。

しかし・・・

これは、ホントではないかもしれません。

遺体の事を言わない

ロシア軍がブチャから撤退したのは、3月30日だったそうです。

その翌日、ブチャの市長さんは、ロシア軍が撤退したことを確認し、その内容をビデオで公開したそうです。

しかし、その中で、市長さんは、遺体のことについて、全く触れていないんだそうです。

街中に、410人の遺体があったら、何か言いますよね。

ん・・・

もしかしたら、たまたま、市長さんが遺体を見かけなかっただけなのかもしれませんが・・・

さらに変なのは、一般市民の人が、一切、遺体のことについて触れてないことです。

ウクライナで使われているテレグラムというSNSでも、全く触れられていないんだそうです。

そして、突然、4月3日くらいから、遺体の映像がUPされるようになっています。

なんだか、おかしくないですかね・・・

白い腕章の遺体

ブチャでは、410人の遺体が見つかったそうですが、その中に、白い腕章をつけた遺体があったそうです。

しかも、結構な数だったそうです。

では、その白い腕章とは、何を意味するのか?

それは、『親ロシア派』のことを意味するんだそうです。

ってことはですよ。

ロシア軍が親ロシア派の人を殺害したってことになります。

ん・・・

それも、なんだか変だと思うんですがね・・・

その他、市民の方から、『ロシア軍は、だれも拷問も殺害もしていない』と証言もあるようです。

あまり、日本では報道されていませんがね・・・

最後に

いったい、ブチャのできごとは、誰がやったんですかね・・・

人が死んだのは、事実なんです。

日本で報道されているとおり、ロシア軍がやったのかもしれません。

でも、もしかしたら、ウクライナ軍がやったのかもしれません。

あるいは、両方かもしれません。

ホントの事は、分かりませんね・・・

今の日本では、偏った報道しかされていませんので、いろんな所から情報を取ったほうがいいと思います。

でないと、洗脳されてしまいますからね・・・

こんなことをブログで書くと、『お前は、ロシア派か!』って言われるんですが、そうではありません。

僕は、事実を知りたいだけ。

事実を知り、『なぜ、こんなことが起こってしまったのか?』を理解しないといけないと思います。

そして、『戦争をしない為には、どうしたらいいのか?』を考えないといけないと思います。

それを出来るのが、人間ではないでしょうか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。