実質無利子・無担保の融資で個人事業主を救えるのか?

 

こんにちは。たかです。

今度は、コロナウイルスで経営が苦しくなった事業者に、『実質無利子・無担保』の融資を行うようですね。

『大変厳しい状況に置かれている全国の中小・小規模事業者に、しっかりと事業を継続してもらえるよう、資金繰りについては前例にとらわれず強力な支援策を講じる』と言われています。

ですが・・・

仮に融資をしても、このまま、国民がお金を使わない状況が続けば、どうなるんでしょうか?

売り上げが上がらなければ、借りたお金は返せません。

当然、従業員のお給料も払えませんし、事業主の生活費さえ、危ない状況です。

さて、どうしたものか?

融資ではなく補填したら?

融資をしても、焦げ付いてしまう可能性は高いんじゃないでしょうか。

であれば、補填してあげたらどうでしょう。

そうすれば、返済しなくて済みます。

その間に、コロナウイルスを抑え込むしかありません。

一旦、お店を休業して、ウイルスが拡大するのを抑える。

その間の売り上げを補填してあげるわけです。

そうすれば、従業員もお給料がもらえますし、家で子供の面倒をみることも出来るでしょう。

大事なことはウイルス退治

根本的には、ウイルスを退治することが出来ればいいわけです。

ってことは、ワクチンあるいは薬の開発をするしかありません。

国が予算を出して、製薬会社に開発をさせるしかないんじゃないでしょうか?

抗ウイルス薬に強い製薬会社ってあると思うんですがね・・・

それと、抗インフルエンザ薬がコロナウイルスに効果があるかどうか、やっているようですが、遅いですよね。

もっと、積極的に投与を勧めるべきだと思います。

他に可能性のある薬剤も、使ってみるべきだと思います。

市販されている薬なら、安全性は担保されているわけですから。

消費税の減税

国の予算を使って、中小企業の利益を補填し、休暇を取得した正規・非正規従業員の給料を補償する。

そうなれば、かなりの税金を投入することになるでしょう。

今までなら、コロナウイルスが落ち着いた段階で、増税すると思います。

税金の回収ですね。

でも、これをやってしまうと、さらに経済は停滞すると思います。

逆に、消費税を減税し、一気に景気を回復しないと、日本はかなり厳しくなるんじゃないでしょうかね?

このまま進めば、倒産、リストラが起こり、個人の収入は減少し、どんどん景気は悪くなるでしょう。

リストラされても、再就職先もなくなり、どうしようもありません。

なんて、勝手な想像をしていました。

最後に

みなさんが総理大臣なら、どうしますか?

『経済を停滞させないために、もっと、外出したほうがいい!』って意見もあります。

反対に、『これ以上、ウイルスを拡大させないために、外出は自粛すべきだ!』という考えもあります。

どちらが良いのか分かりませんが、僕は、出来るだけ外出は自粛したほうがいいと思っています。

このままウイルスが拡大すれば、ウイルスは変異し、さらに強力になるかもしれない。

もっと、致死率の高いウイルスに変異する可能性があるからです。

そうなれば、経済どころではありません。

国の初動の間違いは、もう、どうしようもありません。

大事なのは、『これからどうするのか?』です。

政治家の人も、ミスを責めるのではなく、『これからどうするのか?』を真剣に考えてほしいですね。

そして、トップの方は、自分勝手にやらずに、専門家の意見を取り入れて、総合的に判断してほしいものです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。