オランダの人はアーリーリタイア出来ないのか?

 

こんにちは。たかです。

日本の年金制度って、あまり、評価されてないんですね。

アメリカのコンサルティング会社が発表した『年金制度の国際ランキング』によれば、日本は31位だったそうです。

まあまあ良い順位なのかと思ったんですが、『37の国と地域のうち』、第31位だったようです。

日本より悪い国は、6か国しかありません・・・

評価が低い理由は、『持続性』なんだそうです。

『日本の年金制度は将来に向けた安心度がかなり低い』ってことなんですね。

ん~、やっぱりって感じでしょうか?

では、1位の国は、どこだと思いますか?

それは、オランダなんだそうです。

資産が潤沢

オランダの職域年金の資産残高は、日本円にして149兆1880億円なんだそうです。

あまり、ピンときませんね。

では、日本の国民年金・厚生年金を運用するGPIFの総資産は、いくらなんでしょうか?

なんと、約161兆7622億円もあるんだそうです。

オランダより多いですが、人口の規模から考えると、資産残高は、オランダの方が圧倒的に多いですね。

ちなみに、オランダの人口は、1738万人だそうです。

所得代替率

所得代替率とは、『現役世代の手取り収入額と比較してどのくらいの割合か』を示すものです。

その所得代替率が、オランダは70%らしいです。

現役世代の70%くらいの金額を、年金としてくれるわけですね。

では、日本ではどうなんでしょうか?

『年金2000万円不足問題』で話題になっていましたが、日本の場合は、約60%くらいです。

ですが、今後は、約40%くらいまで落ち込むかもしれません・・・

ん~、オランダに移住したいくらいですね。

保険料・税金が高い

ですが、良いことばかりじゃないですよね。

オランダの年金保険料って、日本の約2.7倍ほど支払わないといけないようです。

サラリーマンの方って、厚生年金など、高い保険料払っていませんか?

でも、オランダだったら、その2.7倍になるってことです。

月収の約25%くらいは、保険料で持って行かれるみたいですよ。

さらに、日本の消費税にあたるものは、21%なんだそうです。

そうなると、貯金なんか出来るんですかね?

貯金が出来ないとなると・・・

アーリーリタイア出来るのか?

もし仮に、貯金が出来なくなると、年金支給年齢まで、働かないといけません。

年金支給年齢まで働けば、貯金がなくても、手厚い年金額ですから、生きていけるでしょう。

ですが、オランダの年金支給年齢は、66歳なんだそうです。

あまり、日本と変わりませんよね。

ってことは、66歳まで、働けってことですかね・・・

ところが、OECDが発表している家計貯蓄率をみてみると、オランダの貯蓄率は約6%なんだそうです。

日本はというと、なんと、約2%らしいです。

オランダって、税金をかなり払っても、貯蓄できるんですね。

ってことは、そもそものお給料が高いってことでしょうか?

最後に

オランダの人は、日本人の3倍、貯金しているってことです。

しかも、年金の額も多いし、今後の継続率も高い。

そう考えると、アーリーリタイアしやすいんじゃないですかね。

若いころに、一気に稼いで貯金をして、その後は、チューリップに囲まれながら、年金でゆっくり暮らす。

いいですね・・・

オランダに移住しようかな?

って、僕みたいな人間がいるから、移民問題が発生するんでしょうね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。