3人目の子供が生まれても、3000万円の家を購入できるか?家計破綻するかも。

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『35歳貯金200万円。3人目の子も、家も欲しいが、家計破綻するのでは……?』です。

人生の3大支出と言えば、『教育費』、『住宅購入費』、『老後資金』です。

この記事に出てくるご家庭では、3人目の子供と住居が欲しいみたいです。

ん・・・

かなりの収入があれば、問題ないと思うんですがね。

通常、ちょっと厳しいかも出しれません。

さて、どんなご家庭なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん35歳、奥さま34歳、5歳と1歳のお子さんがいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さんが30万円、奥さまは専業主婦をされています。

ボーナスは、年間で100万円あるようです。

世帯年収としては、約600万円弱ってところでしょうか?

貯金は、200万円お持ちのようです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・住宅コスト:6万5000円

・車両費:2万円

・食費:5万円

・光熱費:3万5000円

・通信費:1万5000円

・趣味娯楽:1万円

・教育費:4万円

・雑費:2万円

・保険料:4万円

合計すると、約30万円になります。

月の収入は30万円ですから、貯金はほとんど出来ません。

ボーナスからも貯金してないようですので、ほとんど貯まらないみたいですね・・・

住宅ローンはいくら?

このご家庭が予定している家は、3000万円なんだそうです。

現在の貯金は200万円ですから、頭金を入れることは出来ません。

したがって、3000万円のフルローンになります。

すると、毎月の支払いは、どうなるでしょうか?

金利1%、返済期間35年だとすると、毎月の支払金額は、約8万5000円になります。

ってことは、今より、2万円くらい住宅コストが上がるわけです。

今でも、ギリギリの生活ですから、現状では無理だと思います。

コストカットできるか?

住宅ローンを払っていく為には、コストカットしかありません。

だって、3人目のお子さんが生まれれば、奥さまは働けませんからね。

では、どうするか?

ちなみに、ボーナスの使い道は、こんな感じです。

・旦那さんの小遣い30万円

・奥さまの小遣い20万円

・帰省費20万円

・冠婚葬祭など20万円

ん・・・ご夫婦の小遣いが多いように思います。

でも、毎月のお給料からは、小遣いは出してないみたいなんです。

なので、このくらいは、必要かもしれませんね。

となると、あとは光熱費、保険料、食費をカットするしかないですかね・・・

ちょっと、きびしいかな。

両方は無理かな?

もし、3人目のお子さんをあきらめれば、奥さまが働きに行くことが出来ます。

月に5万円でも稼ぐことが出来れば、住宅購入も可能かもしれません。

ですが、それでも、70歳まで働かないといけません。

さらに、お子さんの教育費も貯めないといけないので、かなりギリギリだと思います。

僕なら、賃貸生活をしながら、奥さまに働いてもらって、お金を貯めてから住宅購入を考えると思います。

でないと、ちょっと、不安ですからね・・・

最後に

現在の児童手当は、フルに貯めても200万円にしかなりません。

これでは、大学の入学金で終わってしまいます。

2人分の学費を貯めるのも大変ですよね・・・

もっと、サラリーマンの所得が上がらないと、少子化も改善されないでしょう。

少子化対策の1番の方法は、『国民の所得を上げること』だと思っています。

いろんな支援はされていますが、所得が少なければ、子供を産むことも出来ません。

って言うか、その前に、結婚をすることが出来ません。

3人の子供を持ち、家を購入することが出来るような日本になってほしいですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。