年収約600万円で5000万円のマンションを購入できるのか?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を目にしました。

『32歳会社員、妻が仕事を辞めたが5000万円のマンションは買える?』です。

5000万円のマンションかぁ・・・

かなり大きなお買い物ですよね。

フラット35利用者調査によると、年収の6~7倍くらいの借り入れをする人が多いんだそうです。

なんとなく気になったので、実際に計算してみました。

登場するご家庭は?

旦那さん32歳、奥さま30代、いまのところお子さんはいらっしゃいません。

現在、不妊治療中とのことで、2人はお子さんが欲しいようです。

月の収入は、旦那さんが30万円、奥さまが5万円です。

合わせれば、月に35万円の収入があるわけです。

ボーナスは、年間で100万円くらいあるそうです。

貯金は、投資も含めれば、約1400万円ほどお持ちです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・家賃:5万円

・食費:4万円

・光熱費:1万5000円

・通信費:4000円

・こづかい:8万円

・医療費:5万円(不妊治療)

・雑費:1万円

・保険料:4000円

合計すると、約25万円くらいになります。

5000万円のローンを組んだら?

もし仮に、5000万円のローンを組んだとします。

金利1%で、返済期間30年で計算してみました。

すると・・・

月の返済額は、約16万円くらいなります。

現在支払っている家賃は5万円ですから、16万円-5万円=11万円の上乗せになります。

一方、すぐにお子さんが出来たとしたら、不妊治療費の5万円が不要になります。

うまいこといけば、11万円-5万円=6万円の上乗せで、ローンを組むことが出来るかもしれません。

今の生活費は25万円ですから、25万円+6万円=31万円が必要になるわけです。

貯金は出来るのか?

月の収入は35万円ですから、35万円-31万円=4万円を貯金することが出来ます。

年間では、4万円×12か月=48万円です。

さらにボーナスから、50万円を貯金していますので、50万円+48万円=約100万円を貯めることが出来そうです。

仮に、お子さんが2人出来たとしても、教育費も準備出来そうな感じです。

ただし、かなり節約しないといけないと思いますがね・・・

それと・・・

自分たちの老後資金は、どうなるのか?

おそらく、貯金だけでは、老後資金まで準備することは出来ないでしょう。

ってことで、少額でもいいので、投資をやっておいた方が良いように思います。

少額長期投資なら、そこまでリスクは高くないですからね。

最後に

日本人の所得は、諸外国と比べて、相対的に減っているそうです。

要するに、外国人のお給料は増えているけど、日本人は増えていないってことです。

デフレなので、仕方ないんですがね・・・

こんなことを30年もやっているので、日本の経済は、どんどん落ち込んでいっています。

そのうち、家なんて買えないような状況になるかもしれませんね・・・

日本で家を買っているのは、外国人ばかりだったりして・・・

お金持ちの外国人がやってきて、日本を買いあさっていくんでしょう。

そんな日が、近づいているような気がします。

国民が気がつかないうちに、いろんな法律が変更され、一部の金持ちが有利になるようになっています。

国際金融資本家の窓口の人たちが、好き放題やっていますからね・・・

これからの日本って、どうなるんでしょうか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。